« 今年もGWは至仏山と尾瀬ヶ原へ (5/1) | トップページ | 双六岳(天空の滑走路)と笠ヶ岳からの槍穂高最高!(8/8-11) »

表妙義を縦走 [妙義神社~中之嶽神社](5/2)

2023.05.02

三重の山男 - 三重の山男の山日記

GWの恒例となった妙義山(表妙義)の縦走へ行ってきました。
妙義神社から中之嶽神社まで白雲山と金洞山を縦走する技術・体力を要する
コースとなっています。年齢的にもこれが最後かなと思って臨みました。

このコースは滑落事故が多く、ペース配分・技術・体力の備えが必要です。
昨年同様、昨日尾瀬を歩いて夜中に片品村から妙義神社Pへ移動してきました。
朝到着して既に何人か駐車場から出発している模様でした。
早速準備して出発しました!

これが最後とペース配分に気を遣って、なるべく握力を温存するように岩場を
クリアーしていきます。
順調に大の字、そして少し力を使う奥の院の鎖場をクリアーして、見晴、ビビリ岩、
大のぞきからの長い下りの鎖場を通過して相馬岳へ到着しました。

Img_2522Img_2527

休憩はパスして相馬岳の先へ進みます。バラ尾根は、荒廃していて時間を要します。
崖トラバースや木の根っ子、半分崩れかかった斜面を通過していきます。
途中休憩なしで順調に鷹戻し取付きまで到着しました。体力を温存してきたので、
調子よく岩場を登れました。

そして鷹戻しを越え、裏側の二段ルンゼと呼ばれている下り鎖場に取り付く。
いつもここは緊張する。二段目(下)のハングアップしている鎖場が核心部でしたが、
若い方々もいて今日は難なく降りれました。

Img_2556 Img_2550

このあと、金洞山東岳、中之岳と進み、下山してから中之嶽神社にてお昼にしました。
石門群は修復され入場可能でしたが、中間道は途中鉄階段不良のため通行止となって
おり、妙義神社へはいけません。

Img_2505


県道196号から一本杉コースにて大人場に抜けて、妙義神社へ帰ってきました。
今日は天気もよくサクサクと表妙義を縦走してくることができて、有終の美を飾る
気持ちのいい山行となりました。温泉で汗を流しました。


【コース】
妙義神社P⇒大の字⇒奥の院⇒大のぞき⇒白雲山(相馬岳)⇒鷹戻し⇒
金洞山(東岳、中ノ岳)⇒中之嶽神社⇒一本杉⇒妙義神社P

【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=5481363

  • Twitter
  • Facebook

« 今年もGWは至仏山と尾瀬ヶ原へ (5/1) | トップページ | 双六岳(天空の滑走路)と笠ヶ岳からの槍穂高最高!(8/8-11) »

コメントを書く


(ウェブ上には掲載しません)




コメント

このブログにより権利が侵害されたと考えの際の申し立てについてはこちら