フォト
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 藤原岳(孫太尾根)にて花見山行(3/17) | トップページ | のんびり多度山 (4/1) »

2018年3月18日 (日)

熊野古道(馬越峠)~便石山と天狗倉山(3/18)

3/18(日)は、前日の藤原岳に続いて、山岳同好会の熊野古道(馬越峠)
へ行ってきました。今回のコースは、熊野古道だけでなく馬越峠から便石山と
天狗倉山へも登るコースとなっています。

P1320335


便石山は階段が多くて疲れました。山頂からすぐの所にある「像の背」に寄って
少しスリルな岩場を味わいました。岩場の先は絶壁で、尾鷲の街が一望できます。


00551642728

◆像の背(私です)
00871095890


便石山でお昼をとったあと馬越峠へ下山し、今度は天狗倉山へ向かいました。
この登山道も少し段差の大きい階段が待っていました。
山頂の岩の上へ鉄階段を登りますが、結構広い大きな岩でした。
ここからも尾鷲の街が一望できました。先ほど登った便石山も背後に見えました。
しばらく堪能したあと、下山しました。


P1320406



【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1407905

【タイム】
道の駅海山  9:00
馬越峠    10:00
便石山・像の背 11:17~12:08(51)
馬越峠    13:23~13:30(7)
天狗倉山   13:49~14:15(26)
馬越峠    14:36
道の駅海山  15:27

  登山時間 6:27(84)

« 藤原岳(孫太尾根)にて花見山行(3/17) | トップページ | のんびり多度山 (4/1) »

コメント

おはようございます
お~~山岳同好会の方方と登る山行も
楽しいでしょうね、写真からですが天気も良く
気持ちよく登られたのでしょうね。

おはようございます
天気がよくて、素晴らしい眺めを楽しまれたようですね。
階段はma_kunも苦手です。

凄い所を歩いていますね、本当に背ですね。

熊野古道はかなりスリルのあるところがあるようですね。
さすがに修験の山ですね。
こんなところをわらじで歩くなんて信じられません。
天気が良かったようで楽しまれたんでしょうね。

相変わらず頑張って凄い所を歩いていますね。
熊野古道は田辺側を数日歩いたことがあります。

happy01imaipoさんへ
こんばんは
山岳同好会に入会して良かったことは
色んないったことのないところへ
連れて行ってもらえること。
みんなでワイワイガヤガヤと登ります。
ゆったりとした山行には向いていますね。
ありがとうございました。

happy01ma_kunさんへ
こんばんは
熊野古道のコースだけでは眺めのいい
ところは少ないですが、このコースは
熊野古道に山登りを加えたコースに
なっています。したがって、通常の
熊野古道とはまた違った山登り志向も
入ったコースとなっていますよ。
ありがとうございました。

happy01つばきだろさんへ
こんばんは
像の背と誰が名づけたか知りませんが
うまく名づけたものですね。
馬の背はよくききますが、像の背は
本当に像の背のように見えますね。
さて名前はともかく、先端までいくと
断崖絶壁ですがその分景色はいいですよ。
ありがとうございました。

happy01西やんさんへ
こんばんは
上りの石畳は熊野古道の名物ですが、
スリルある像の背は熊野古道では
ありません。バリエーションルートで
山登りとなります。
特にこのあたりの山々は険しく切り立って
いますので、海も近いことから絶景が
みられますよ。
ありがとうございました。

happy01三面相さんへ
こんばんは
ひとくちに熊野古道といっても広くて
三重県側でも今まで2か所しか行った
ことがありません。馬越峠は今までも
通ったことがありましたが、今回は
山登りを2つ加えたコースとなって
います。通常の熊野古道のみとは違って
絶景が見られる山登りが付加されています。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1536159/73215362

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野古道(馬越峠)~便石山と天狗倉山(3/18):

« 藤原岳(孫太尾根)にて花見山行(3/17) | トップページ | のんびり多度山 (4/1) »