フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月の5件の記事

2017年10月15日 (日)

今年も大人気だった♪紅葉の雨飾山 (10/14)

10月14日(土)は、ほぼ全国的に雨の予報でしたが、”新潟付近だけ天気がいい”
ということで、白馬岳や剱岳も考えたが天気が悪い予報のため除外し、昨年(H28.10.16)
に引き続き、新潟と長野の県境にある雨飾山へ行ってきました。(長野側より)
昨年、時刻が早く準備中であった雨飾荘の雨飾温泉と、鎌池へも寄りたかった。

この雨飾山は好きな山の一つです。昨年もきましたが、登山道から見る山々の紅葉は
随一だと思っています。ここの色彩は色とりどり、カラフルなのだ。
またマップタイムは短いが、決して楽な登山道ではなく、上りがきついところがある。

◆笹平への上り岩場付近
P1300873



雨飾荘の日帰り入浴は12:00~ということで、到着予定時間を9時頃に合わせて行った。
到着した時には駐車場は第二駐車場もいっぱい状態で、スペースある路肩に駐車した。
大方の登山者は既に出発したあとで、静かな登山口であった。

登山口近くの山々が見事に紅葉していたので、これから進む先に期待が膨らむ!
ワクワクしながら登山道へ進むが・・・・いつもながら、ぬかるみやドロドロが続く。
遅出の登山者を抜きながら、行きは順調に雨飾山山頂に到着した。
出発したときから山頂付近に巻き付いていた雲は取れることなく、山頂からは雲海と
なって、後ろ立山連峰の山頂付近が少しだけ浮かび上がったので良かった。


◆雨飾山駐車場と登山口の紅葉
P1300852


◆荒菅沢手前からの雨飾山山頂方向
P1300862

◆荒菅沢手前の別方向
P1300865

◆雨飾山山頂
P1300881



お昼を食べていたら、抜いてきた団体さんが到着し、賑やかな山頂となったため、
しばらくしてから下山した。下山は予想されたとおり大渋滞!
梯子や岩場は順番待ちで並ぶ・・・じれったいが登山道は一本、仕方ない。
ただ~ 大渋滞の登山道を見下ろす先に、カラフルな紅葉のジュウタンが広がって
いて、待機時間も飽きることがなく下山できた~(^^)


◆笹平からの下山道の岩場渋滞
P1300912


荒菅沢が近づいてくると大渋滞も緩和され、順調に下山できるようになった。
行きにあった、ぬかるみやドロドロは、さらに状態が悪くなっていて慎重に歩いて、
登山口へ帰って来ました。ドロドロの靴を洗う水道が準備されていてうれしい!
いつもながら凄い数の人でしたが、紅葉はピカイチ、登った甲斐がありました。
青空は僅かしか見れませんでしたが、雨がないだけで十分。


◆下山途中の紅葉
P1300930


この後、昨年行けなかった鎌池へ寄ったが、ガスっていて池・紅葉は見れなかった。
早々に退散して、楽しみにしていた雨飾荘の日帰り入浴へ向かった。
先客10名くらいが入っていて混雑状態なので・・・・と言われたが勿論入りました。
しばらくすると、2~3名となりました。
露天風呂にゆっくり浸かれました~  湯質、匂いなど最高(^^) いい湯だ!
8年ぶり2回目であるが期待通り。

◆雨飾荘(雨飾温泉)の日帰り温泉(700円ロッカー無料)
P1300937


余談であるが昨年、高天ヶ原か仙人温泉で色んな温泉を巡っている方にいい湯は?
という話しをしたときに、名の上がった温泉の一つでもある! やっぱ、いいわ(^^)

全国の雨の中、ちょっと遠かったが、いい山行ができました。

【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1289801


【タイム】
雨飾山登山口 9:19
荒菅沢    10:19
雨飾山山頂  11:25~11:51(26)
荒菅沢    12:59
雨飾山登山口 13:50

  登山時間  4:31(26)

2017年10月 9日 (月)

今年2回目の常滑チャーシュー(10/9)

10/9(月祝)は3か月ぶり、今年2回目の常滑チャーシューに
行ってきました。3連休なのか、開店前に行ったため、すいていました。

相変わらずのガッツリのチャーシュー。期待を裏切りませんね!
美味しかったぁ~(^^)

Img_20171009_093441

2017年10月 8日 (日)

木曽駒と百高山2座☆桂小場より(10/8)

10/8(日)はロープウェイの渋滞を避けるため、クラッシックルートの
桂小場から木曽駒ヶ岳へ登って来ました。
併せて百高山の2座である、将棊頭山と三ノ沢岳も行ってきました。
もちろん木曽駒から三ノ沢岳へ行くには、千畳敷カールに下りない限り宝剣岳
経由となります。
日照時間内ではギリギリであり、登山道は日陰があって暗くヘッデン必須でした。

小黒沢PAのECTゲートを降りると、桂小場へはあっという間に到着する。
ただし民家を過ぎると道幅が狭く運転は慎重に。
三連休の中日とあって、桂小場の駐車場はいっぱいでした。ロープウェイを
避けたい気持ちは皆いっしょかな・・・

日の出時間でも登山口は薄暗い。何組かと同じ時間帯となり、準備して出発した。
胸突の頭までずっと上りが続く。ここから楽ちん巻道に入り西駒山荘に到着した。
いつも今回同様、西駒山荘への巻道を通っていたため将棊頭山は通ったことがない。
西駒山荘の裏手に当たる山で、登山道途中から立ち寄って写真を撮ってきた。

このあと、木曽駒山頂に向かい稜線コースをひたすら登ること1時間半・・・
木曽駒山頂に到着しました。ガスっていない木曽駒山頂は初めてかも。
のんびりとこんなに賑わっている山頂を見たのは、甲斐駒以来だ。似ているわ!
この賑わいをよそ目に先へ進む。中岳を経て宝剣山荘に到着して、お昼にした。
おにぎりは持ってきたが、いつものごとくカレーライス(900円)を食べました。
ここのは手作りカレーかな、おいしかった。


◆賑わう木曽駒山頂
P1300773


午前中の疲れを一挙にクリアーして、さぁ先へ進みます・・・・次は宝剣岳だ。
計算していなかったが、宝剣岳上りの渋滞にハマった。そしてようやく三ノ沢
分岐に到着したが、もうすぐ12時だ。ピストンして帰ってくると3時かなぁ・・・
完全に桂小場へはヘッデンだなんて考えながら、三ノ沢岳を目指して歩いた。
その稜線のアップダウンは良く見えて手に取るようにわかる。辛い道のりだ・・・
黙々と歩いた結果、三ノ沢岳へは分岐点からのマップタイムは、書物によって
1時間半~2時間と様々なので、往復3時間を計算していたが2時間で済んだ。
三ノ沢岳では記念写真を撮ったあと、さぁ折り返しだ。桂小場へ帰るだけ!

帰路も黙々と歩いた。宝剣岳の混み具合も少なかったので、突端に登りました。
「宝剣岳」と書いた小さな看板が、尖がりの上に置かれていました。


◆遠くから見た宝剣岳の容姿
P1300780

◆宝剣岳北側の鎖場越しの宝剣岳
P1300800

◆宝剣岳山頂
P1300823

◆宝剣岳の尖がりへ登りました。看板が置いてありました。
P1300824


すぐに降りて、先へ進みます。渋滞がなくて良かった。
帰りは中岳・木曽駒は上らず巻道などを通り、西駒山荘水場にて水補給とおにぎり
を食べた。ストック1本、ヘッデンをポケットに準備して再び下山開始した。

ここから上りはほとんどなく、ひたすら降りるだけ・・・
ちょっとペースを上げましたが、ぶどうの泉(水場)の手前からヘッデンの登場。
違うグループもぶどうの泉で休憩していた。このあたりは、夜となるとライトも
見にくくて結構狭く、危険な登山道と感じました。
危険なところがないから、ヘッデンで大丈夫と思っていたが、考えがあまかった。
慎重に歩いて無事桂小場に帰って来ました。

12時間行程は久しぶりだなぁ~  ああ、疲れた・・・。
天気に恵まれ、カールの紅葉もピークは過ぎていたが、少しは見ることができた。
また百高山の2座も登頂できていい山行となりました。


【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1285034

【タイム】
桂小場    5:49
大樽小屋   7:21
西駒山荘   8:48
将棊頭山   8:59
木曽駒山頂 10:27
宝剣山荘  10:50~11:10(20)
宝剣岳渋滞 11:18~11:35(17)
宝剣岳   11:36
三ノ沢分岐 11:54
三ノ沢岳  12:52~13:00(8)
三ノ沢分岐 13:59
宝剣岳   14:16~14:21(5)
宝剣山荘  14:28
西駒山荘水場15:54
大樽小屋  16:48
桂小場   17:57
   
  登山時間 12:08(50)

2017年10月 7日 (土)

長島温泉・ジャズドリーム(10/7)

10/7(土)は長島温泉とジャズドリームへ行ってきました。
3連休の初日でもあり、またジャズドリームも店舗が拡大したため、
よく賑わっていました。

山道具もノースフェイス店が新たに増えて、寄って来ました。
今まであるミレー、コロンビア、モンベルと、このノースフェイスを
さらっと欲しいものを見たあと、リーガル店もよってから、長島温泉へ
行きました。

温泉でゆっくりしたあと、スパーランドへも行ってきました。
乗り物は見るだけ・・・(^_^;) 新しい”嵐”も見ました。(2017.3.10OPEN)
乗っている人は、「4Dスピンコースター」なる回転に耐えて
成すがままなのだ!

帰りに目星をつけてきた山道具を買って帰って来ました。

◆三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島
Img_20171007_141524


◆フライングコースター”アクロバット”
Img_20171007_140213


◆4Dスピンコースター”嵐”
Img_20171007_134732

2017年10月 1日 (日)

約一年ぶりの北岳、小太郎山は断念(10/1)

今日は夜中に出発して芦安駐車場から一番のバス又は乗合タクシーで
広河原入りする予定でしたが、昨日のゴルフの疲れが残っているようで
高速途中で眠くて仮眠の時間が長くなってしまったため、広河原へは
8時すぎ到着となった。2時間近く遅くなった・・・・(-_-;)

これは、北岳か小太郎山のどちらかだけ登る選択をしなくてはいけない。
百高山の小太郎山へ登りたかったが、こんないい日に北岳へ登らない
選択はないわ。ということで、小太郎山は断念!


◆賑わう北岳山頂
P1300697



結果的には小太郎山へも寄ることができたかも知れないが、バス時刻
ぎりぎりになると思い小太郎山分岐点で断念した。
ゴルフの翌日ということで、少し体が重いし脚も動かないのも断念した
要因となった。ぎりぎりで慌てるのはイヤだ。またの機会があるさ・・・
まあ、寝坊した戒めだわ。

紅葉も見れたし、北岳山頂からの眺望も良かった。低層に少し雲が
出てきていたが、山頂にいるうちは、360度良く見えた。
北ア、中央ア、八ツ、富士山・・・・登って良かったぁ~

◆甲斐駒ヶ岳(北岳山頂より)
P1300701


◆北岳から間ノ岳へ向かう3000m級の縦走路の奥には鉄兜の塩見岳(北岳山頂より)
P1300698


◆向かいの尾根の紅葉
P1300719


【タイム】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1275532

【タイム】
広河原バス停 8:26
二俣     9:47
八本歯のコル 11:22
北岳山頂   12:18~12:45(27)
肩ノ小屋   12:58
二俣     13:55
広河原バス停 14:55

  登山時間 6:29(27)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »