フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 一年以上となる久しぶりの常滑チャーシュー(7/30) | トップページ | ブリが釣れました(8/13) »

2017年8月 7日 (月)

針ノ木・蓮華・スバリ・赤沢の百高4座日帰り周回 (8/4)

8/4(金)は、北アが天気がいい予報が出ていたので休みをもらって、昨年からの
計画である扇沢から針ノ木雪渓を登り百高山4座を周回してくるコースへ行ってきた。
昨年は痛風を再発させたため頓挫していた計画でした。

扇沢まで約300kmあるため会社帰宅後、自宅を21時に出発した。途中で仮眠を取って、
扇沢へは4時半頃に到着したが、少し眠くて登山開始が5時すぎとなってしまった。


◆扇沢駅。登山口はこの写真より左側
P1280547


扇沢駅の左側に登山口があり係りの人に登山届を提出後、登山道へと進む。
車道を何回か横切り、また沢も何回か渡渉して、大沢小屋横を通過していく。
しばらく進むと、3大雪渓である針ノ木雪渓が見えてきた。


◆皆、頑張って針ノ木雪渓を登っています
P1280568


登山道の終わりで雪渓へと進み、キリのいい大きな岩の上でアイゼンを装着した。
雪渓歩きでは、吹き下しの風が気持ちよく、寒いくらいだ。
雪渓は上部の手前で少し傾斜がきつくなってくるが、順調に雪渓を通過した。
このあと、しばらく針ノ木峠まできつい登山道が続く・・・
針ノ木小屋のある針ノ木峠に到着したころから、急にガスが湧き上がってきた。

P1280612

P1280627


針ノ木峠からまずは蓮華岳へ向かう。登り始めは傾斜がきついが、途中はコマクサが
無数に点在する緩やかな稜線歩きとなる。コマクサを見ながら歩けるので楽しい。
蓮華岳山頂で記念写真を撮って、また針ノ木峠へ折り返す。

針ノ木峠に戻ってから続いて針ノ木岳へと向かい、ここから周回コースが始まる。
針ノ木岳への登山道は山頂がなかなか見えず、疲れも出てくるときだ。
山頂に到着したが立山連邦はスッポリと雲の中で、景色はよくない。
この先進むズバリ岳への岩稜帯の稜線が見えた。記念写真を撮ってすぐに出発。

◆針ノ木岳
P1280650


針ノ木岳直下の下りと、ちょっと危険な稜線は慎重に通過して、ズバリ岳へ到着した。
この頃には、稜線を境にして長野県側にガスが湧き上がっているが、稜線は薄曇り
のため暑い~ 十分に水分は取っているが少しバテてきた・・・
ズバリ岳山頂でお昼にしていたら団体さんが到着して賑やかになったので出発した。


◆ズバリ岳山頂。パックに黒部ダム湖
P1280676


さらに、ズバリ岳から赤沢岳へは、アップダウンもあり長かったぁ~(^^;)
一日の中で、ここが正念場と思って頑張った。
戻るも進むもちょうど真ん中にあたる赤沢岳へ到着し、記念写真を撮った。
暑さも真っ只中・・・休まず頑張って先へ進みました。

このあと、まだまだ鳴沢岳までひと踏ん張り。新越山荘も通過して岩小屋沢岳まで
きて、ちょっと稜線も緩やかになった。
このまま種池山荘まで続くかと思いきや、棒小屋乗越という上りが待っていた(^^;)

◆雷鳥(ヒナ)
P1280688

◆雷鳥(親)
P1280691


種池山荘へ到着し小休止をとってから再出発。ここからは柏原新道を下るだけだ。
ゴツゴツした石畳みで少し足の裏が痛くなってきたが、頑張って下山するのみ。
スピードを落として足の痛みを緩和するが、あまり効きめなし。
どうにかこうにか登山口に到着、駐車場へ戻って来れてホッとしましたぁ~

百高山4座を周回してゲットできるお得なコースながら、その反面疲れも大きいわ!
今シーズン初めての、コマクサと途中でライチョウも見れたのは良かった(^^)


【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1216769


【タイム】
扇沢駐車場 5:11
扇沢登山口 5:21~5:24(3)
大沢小屋  6:16
針ノ木峠  8:20
蓮華岳   9:20~9:27(7)
針ノ木峠  10:04
針ノ木岳  10:57~11:01(4)
ズバリ岳  11:41~12:00(19)
赤沢岳   13:20~13:31(11)
鳴沢岳   14:11~14:15(4)
種池山荘  16:14~16:22(8)
扇沢駐車場 18:29

   登山時間 13:18(56)

« 一年以上となる久しぶりの常滑チャーシュー(7/30) | トップページ | ブリが釣れました(8/13) »

コメント

おはようございます
大きな写真は迫力がありますね
雪渓を登ったり高山植物を見たり
良い登山されてますね(笑)
いやー歩いてる時間が私から見たら恐れ入りました(笑)
良い景色を見させていただきました。

またまた凄い距離を歩かれていますね、流石です。
そしてお山だけでなくお花や雷鳥まで余裕ですね。

花もあって、ライチョウの親子も見ることができて良かったですね。
ライチョウの子はもう大きくなっていますね。
長い距離を歩いた価値があったのではないでしょうか。

4座日帰り周回とはさすがですね。
20代の頃に針ノ木岳から鹿島槍岳縦走したときのことを
思い出して見させて戴きました。

若さですね、タフさに感心します。

happy01imaipoさんへ
こんばんは
皆さんいつも応援ありがとうございます。
このコースは以前から行きたいと思って
いたコースでした。
天気がガスってしまって少し残念でした。
そのお陰か、雷鳥にも会えて良かったです。
ありがとうございました。

happy01三面相さんへ
こんばんは
そうなのです、前回に続いて今回も
ロングコースへチャレンジでした。
長く歩くということは、どこか体の
弱いところに変調をきたしますね。
今回は足の裏が痛くなってきました。
あまり無理はきかないですね。
ありがとうございました。

happy01西やんさんへ
こんばんは
蓮華岳への稜線はコマクサの群生が
あって素晴らしいところでした。
群生といっても点在しているのですが
他で今まで見た場所の中で一番の
数が咲いているところでした。
初雷鳥には感動しました。
ありがとうございました。

happy01ma_kunさんへ
こんばんは
針ノ木岳から鹿島槍への縦走だと種池
まで同じコースですね。種池から鹿島槍
までも結構遠く、天気がいいと周囲の
風景は素晴らしいと思います。
今回は立山連邦は雲の中で、扇沢も見えず
稜線上だけが、辛うじて見えました。
ありがとうございました。

happy01つばきだろさんへ
こんばんは
それほど若くはありませんが、気だけは
若くいるようにしています。
今回は結構長いコースだったので気合を
込めて歩きました。暑いことは暑かった
のですが、少し曇空で少し吹上風もあって
稜線歩きには、いい環境で助かりました。
ありがとうございました。

こんばんは
百高山は百名山と違ってアルプス周辺に集中して
いるので効率よく登れるのが良いですね
しかしコノコースもしんどかったなー 今はもう
無理ですよ

happy01取のおっちゃんさんへ
こんばんは
このコースはちょっと大変でしたね。
結構、アップダウンがあって苦しい
稜線歩きでした。
百高山は中央アルプスにたくさん
残っていますので、今年はそこを
つぶそうと思っています。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1536159/71358966

この記事へのトラックバック一覧です: 針ノ木・蓮華・スバリ・赤沢の百高4座日帰り周回 (8/4):

« 一年以上となる久しぶりの常滑チャーシュー(7/30) | トップページ | ブリが釣れました(8/13) »