フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 再び幻の魚「アラ」をゲット(7/23) | トップページ | 一年以上となる久しぶりの常滑チャーシュー(7/30) »

2017年8月 1日 (火)

鳥倉から塩見と蝙蝠岳ピストン(7/29)

7/29(土)は、天気が午後から崩れる予報であったが、
百高山の蝙蝠岳ピークハント目的であったため決行した。
鳥倉登山口から三伏峠、塩見岳を経由して蝙蝠岳に向かう。

林道ゲートの駐車場が混むといけないので、夜中のうちに
駐車場へ行き、朝4時まで仮眠して4時半ころに出発した。
登山口までの林道歩きもちょっと長い!

P1280471

登山口から少しの間、登山道は暗かったのでヘッデン使用。
順調に三伏峠に到着、先が長いので休むことなく進む。
塩見小屋まではスムーズに来たが塩見直下の岩場で少し疲れた。
ちょっとひと踏ん張り、やっと塩見岳へ到着した。

P1280507

山小屋発らしい方々は山頂でゆったりしている・・・皆は登頂で
終わりだが、私はまだまだ蝙蝠まで先があり少しテンション落ちる。
ここで昼飯にする予定であったが、疲れのためか食欲がない。
仕方なく飲み物系のエネルギードリンクを飲み、再び出発だ。

塩見岳東峰から北俣岳分岐に向かって高度を下げる・・・帰りの
登り返しが大変だなぁと思いながら下った。分岐のところは
花畑となっていて綺麗なところだった。
分岐を右に舵を切って、蝙蝠岳に向かう。北俣岳付近は岩稜帯
続きとなっていて、気を許せない。

P1280517

しばらく進むとハイマツの続く尾根歩きとなった。ハイマツを
クグリ抜けるのに苦労した。
ジャスト12時頃に雨が降り出した・・・思っていたのより早い^^;
ここより、カッパを着ての山歩きとなった。
ガスっていたので先が見えず、蝙蝠岳山頂はなかなか姿を見せない。
ようやく到着。結構遠かった~
小雨の中で記念写真を撮り、また来た道へ折り返します。

P1280525


帰路は行きに来た折り返しであるのだが、思っていた以上に登り
返しがきつかった。塩見に戻ってきたときにはもうバテバテだ。
このあと、塩見小屋から本谷山へアップダウンがあり遠く感じた。
さらに三伏山までもアップダウンを伴う・・・(^^;)
天候の悪い日は日没時間も当てにならない。段々と暗くなってきた。

晴れた日にはまだ明るいのだが、三伏峠に帰ってきたときには結構
暗かった。さらに鳥倉の登山口までは樹林帯を通るので、さらに暗く
なるためヘッデンを準備して、最後の下りへ向かった。
登山口に着いたときには、まだ薄明るかったが、駐車場に着く頃には
完全に暗くなっていた。

14時間の行程を想定していたが、15時間かかった。久しぶりの
ロング登山であったため、やはりバテました。
雨のため帰路は登山道の状態が悪く、無事に帰って来れて良かった。
前回のアサヨ峰のサクサクっとした山行とは違い、忍耐力が試される
辛い山行でした。


【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1210223

【タイム】
鳥倉駐車場 4:25
鳥倉登山口 4:55~5:05(10)
三伏峠   6:51
塩見岳(西) 9:50~10:05(15)
蝙蝠岳山頂 12:05~12:16(11)
塩見岳(東) 14:28~14:35(7)
三伏峠   17:30
鳥倉登山口 18:52
鳥倉駐車場 19:23

   登山時間 14:58(41)

« 再び幻の魚「アラ」をゲット(7/23) | トップページ | 一年以上となる久しぶりの常滑チャーシュー(7/30) »

コメント

写真もすべて見せていただきましたが凄いですね。
お天気が悪い中でもお花もたくさん撮っていて素晴らしいです。

おはようございます
いやー毎回ですが健脚ぶりに驚きます
14時間以上も一人で登るいやー凄いですね
花を見ると疲れも少々癒されるでしょうね。

悪条件のもと、タフですね。
今は、こういう元気はないです。

朝4時ごろから夕方7時30分、思っただけでも疲れます。
天気も悪かったようで見晴らしはなかったんでしょうね。
こういう山は疲れも貯まりますね。
カッパを付けての山、ご苦労様でした。

おはようございます
15時間の行程、思っただけで疲れます。
塩見岳は若い頃に北岳から登る予定で行きましたが
雨天で塩見岳には行かずに農鳥岳から静岡駅帰った思い出が有ります。

happy01三面相さんへ
こんばんは
コメ返遅くなりました。
写真もご覧いただき、ありがとう
ございます。辛い山歩きになると
花の写真を撮っているときが休憩
をとれる時間となっています。
塩見岳は南アルプスの奥地にあって
「鉄兜」の名前もあって人気があります。
ありがとうございました。

happy01imaipoさんへ
こんばんは
今回は久しぶりのロングコース
でした。天候も悪くなりちょっと
辛いコンディションとなりました。
14時間も山バカですよね(^^)
自分でもそう思いますよ。
花や雷鳥に会えると嬉しいです。
ありがとうございました。

happy01つばきだろさんへ
こんばんは
悪条件のときは、イヤになって
しまうこともあります。
しかしギブアップするわけにも
いかず、たぶん無心で歩き続けて
います。邪念がない状態になり
完踏すると達成感があります。
ありがとうございました。

happy01西やんさんへ
こんばんは
時間は予定ですので、歩き始める
前は長い時間のことは考えないように
しています。また普通に軽く歩き
疲れないように歩くようにしています。
そうすることで、長い時間を疲れる
ことなく歩けます。しかし今回は
雨足が強くなって計算外でした。
ありがとうございました。

happy01ma_kunさんへ
こんばんは
塩見岳は雨天で行けなかったのですね。
この塩見岳は、南アの奥地にあり、
どこからアクセスしても、時間がかか
ってしまいますね。
また天候について天気予報が安定
しないこの頃は、計画が難しいです。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1536159/71304182

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥倉から塩見と蝙蝠岳ピストン(7/29):

« 再び幻の魚「アラ」をゲット(7/23) | トップページ | 一年以上となる久しぶりの常滑チャーシュー(7/30) »