フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月の7件の記事

2017年5月22日 (月)

中深海の船釣り(5/20)

5月2日(土)は、長男と私の2人で中深海への海釣りに行きました。
釣果は、ほとんど釣れない日でした(-_-;)
中深海の釣りは、釣れないこともしばしば有り、覚悟の上!
釣れないと疲れますねぇ~

中深海は、200m~350mを攻めましたが、潮が悪いのか
釣れませんでした。
五ヶ所湾の沖・・・ポイントがよくわかりません。

釣れたのは、クロムツが一匹と、ユメカサゴなど・・・

<今日の釣果> 
クロムツ1匹、ユメカサゴ十数匹、ウッカリカサゴ2匹、ゴマサバ1匹 のみ(^^;)

写真はなし。

刺身と煮付け、塩焼きでいただきました。

2017年5月14日 (日)

群馬へ山登り遠征(5/2-4)

今年もGWに、群馬県へ山登り遠征に行ってきました。
群馬は魅力的な山などがいっぱい・・・


今年の行程は次のとおりでした。


5/2 ○夜中に約500km移動し、尾瀬の玄関口戸倉に到着し乗合タクシーで鳩待峠往復
    ①至仏山登山 ②尾瀬散策  (鳩待峠→至仏山→尾瀬ケ原→鳩待峠)
    ③片品村の「水芭蕉の森」見学
  ○道の駅・白沢へ移動。明日は「望郷の湯」の露天風呂から見えた赤城山へ登ることに。
  

5/3 ○朝、道の駅・白沢から大沼近くの赤城山登山口へ移動
    ④赤城山(黒桧山)登山
  ○群馬県の西部下仁田へ移動、さらに群馬県上野村へ移動
    ⑤御巣鷹山の尾根(群馬県上野村)へ慰霊登山
  ○群馬県上野村の「浜平温泉しおじの湯」によってから、道の駅みょうぎへ移動


5/4 ○朝、道の駅みょうぎに駐車したまま、妙義神社から登山開始
    ⑥妙義山(相馬岳、中之岳)登山
  ○妙義温泉「もみじの湯」によってから安中市へ移動
    ⑦碓氷第三橋梁 通称「めがね橋」を見学
  ○安中市から草津へ移動し、「草津温泉」に入ってから帰宅(5/5)


◆至仏山山頂
P1270649


◆至仏山山頂から見た尾瀬ヶ原と燧ヶ岳
P1270653


◆下の大堀川S字カーブの水芭蕉群生地と至仏山。(水芭蕉はまだ)
P1270692


◆「水芭蕉の森」の水芭蕉
P1270723


◆「水芭蕉の森」の水芭蕉群生
P1270726


◆赤城山(黒桧山)山頂からの眺望
P1270758


◆赤城山(黒桧山)登山道からの眺望。遠くに富士山
P1270766


◆昇魂の碑。御巣鷹山の尾根へ慰霊登山
P1270778


◆御巣鷹の尾根案内図
P1270788


◆妙義神社
P1270797


◆鷹返し。撮り付き点に人
P1270849


◆鷹返し先の反対側
P1270883


◆大砲岩
P1270905


◆大砲岩付近(稜線上から撮ったもの)
P5040409


◆めがね橋(碓氷第三橋梁)
P5040421


◆めがね橋(碓氷第三橋梁)
P5040431


今年も、楽しい遠征でした(^^)

2017年5月11日 (木)

御在所岳~青岳へアカヤシオ散策(5/7)

5/7(日)は、武平峠駐車場から御在所岳、国見岳、青岳と
アカヤシオを見るため登って来ました。

御在所岳近辺は強風もあって花落ちしており、ピークは越えた感がありました。

国見岳付近から、アカヤシオが少しずつ姿を見せはじめ、青岳付近ではピークに
近い状態でした。青岳の北側および南側ともに、ピンクの絨毯が見られました(^^)

P1270939

P5070004



下山はあまり通らない国見峠→コクイ谷経由にて武平峠まで帰って来ました。

【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1135174

【タイム】
武平峠駐車場 8:12
御在所岳山頂 9:01
青岳(お昼) 10:07~10:29(22)
国見峠    11:07
コクイ谷出会い11:43
武平峠駐車場 13:12

  登山時間 5:00(22)

2017年5月 4日 (木)

妙義山で岩場のトレーニング(相馬岳、中之岳)(5/4)

5/4(祝)は、恒例の岩場のトレーニングとして妙義山へ行ってきました。

コースは、妙義神社→白雲山→金洞山→妙義神社の周回コース。
中間道が途中で通行止めとなっていて、妙義神社まで戻ってくるために
中間道で東屋のあるところから麓に向かって下山する。


妙義神社右奥の「妙義山大の字・白雲山登山口」から登山を開始するが
入口は工事中につき、臨時の迂回登山道を通る。
しばらく登ると「大の字」の取付に到着。10mの岩場を登って「大の字
展望所」に到着し、しばらく眺望を楽しんだ。

P1270807


先へ進むと「奥の院」に到着する。50m程度の垂直の鎖が現れ圧倒される。
しばらく進むと「見晴」に到着し、眺望はよし。浅間山と裏妙義の
丁須ノ頭が見えました。

P1270825



このあと「大のぞき」に到着する。大のぞきの先はスパッと切り落ちていて、
約40m+60m程の長い鎖を降下する。
この先、天狗岩を経て相馬岳へ到着する。相馬岳で軽くお昼ご飯を食べた。


山頂から、険しい金洞山や、裏妙義、浅間山・・・などが見えます。
先に進むと、バラ尾根・堀切を経て、そびえたった金洞山が見えてくる。
危険を促す看板が多くなってきて、「鷹返し」が近付いてくる。

P1270849



最大の難所である「鷹返し」は、鎖など150mの高低差を登ります。
核心部は垂直に近い岩場に、長い鎖があります。

P1270858


「鷹返し」を登り切ったあとも、下へ急降下する鎖場が待っている。
鎖は途中でオーバーハングしている所もあり、足を掛ける場所に注意。
セーブしてきたが、そろそろ腕力の限界が近づいてくる。
そして順調に中之岳に到着しました。お昼の続きを食べてから下山開始。

P1270842



第四石門近くの登山口に到着し、「大砲岩」の奇岩群を見たあと、
中間道を通り途中にある四阿の東屋の分岐から、麓の大人場に向かって
下降する。このあとは舗装道路を通って妙義神社まで戻ってきました。


【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1135118

【登山タイム】
妙義神社駐車場5:37
白雲山登山口 5:55
大の字    6:24
奥の院    6:41
見晴     6:56
天狗岩    7:33
白雲山相馬岳 7:53~8:10(17)
鷹返し    9:18
金洞山中之岳 9:31~9:41(10)
第4石門登山口10:52
大砲岩など  11:14~11:26(12)
四阿分岐   11:58
妙義神社駐車場12:35

    合計 6:58 (39)

慰霊登山<御巣鷹の尾根> (5/3)

5月3日の午前中に赤城山に登ったあと、近くにある「御巣鷹の尾根」へ
昨年に続き慰霊登山に行ってきました。
山海空の安全を祈願してきました。
坂本九さんのお墓にもお参りしてきました。


P1270778



<所要時間の目安> ネットより
 登山口~昇魂の碑 30~40分
 約800m(高低差180m)


登山口に手動カウンターあり。
登山口に杖あり、登山口~昇魂の碑の間にトイレあり。

2017年5月 3日 (水)

快晴の赤城山(黒桧山) (5/3)

平成21年以来となる8年ぶりに赤城山へ登りました。
思っていた以上に、登山道は急登でした。


大沼を横目に見ながら岩場を登っていくと、遠くにきれいな
富士山が顔を出しました。
残雪もあって凍結しているところもあり注意が必要。


P1270732

P1270743


御黒桧大神さまのある分岐点に合流すると、黒桧山山頂はすぐだ。
山頂は樹木があるため、やや景色は良くない。
しかし、その先「絶景スポット2分」という標識に沿って進むと、
2000m級の山々が連なる眺望のいい場所に出ました。

P1270758



しばらく北関東の山々を眺めてから、ピストンにて下山しました。


【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1133239

【登山タイム】
黒桧山登山口 7:05
黒桧山山頂  7:58~8:29(31)
黒桧山登山口 9:16

  登山時間 2:11 (31)

2017年5月 2日 (火)

今年の至仏山と尾瀬(5/2)

至仏山と尾瀬へ今年も行ってきました。
この日は鳩待峠駐車場の空きが17台だったようで、満車のため引き返して
戸倉の第一駐車場へ駐車して、乗合タクシーで鳩待峠へ行った。

バス・タクシー共通券が片道980円と戸倉駐車場1000円のため、
鳩待峠駐車場2500円より高くなる。
乗合タクシーは、ゲートが6時しか開かないため、その時間に合わせて出発し
鳩待峠へは6時過ぎに到着した。


例年より積雪量は多く、尾瀬の看板も雪の下・・・
アイゼン装着など準備して早速出発した。
積雪が多く至仏山への登山道は完全な雪道だったが、順調に山頂に到着した。
この日はピーカンの青空・・・気持ちいい。
360度の眺望があり、初めて富士山も見ることができた(^^)


P1270649

P5020346

P1270664


至仏山→尾瀬ヶ原への下山は夏山登山道の木道が見え掛けていて、アイゼンで
進むために雪道となる下り右側から回り込むようにして下降しました。
尾瀬ヶ原からの登山口に向け、大よその場所を目指して進む・・・
予定通り登山口に到着した。尾瀬ヶ原ほとんどまだ雪に包まれていた。


早咲きの水芭蕉を求めて、下の大堀川の水芭蕉群生地S字カーブに向けて
積雪の中をひたすら歩いた。残念ながらまだ蕾状態だった。
このあと山ノ鼻へ戻ってきてから昼食を取り、鳩待峠まで帰ってきました。


この後、いつもの片品村の「水芭蕉の森」に寄って水芭蕉を見て帰ってきました。


【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1128945


【登山タイム】
鳩待峠登山口 6:39
至仏山山頂  8:16~8:30(14)
山ノ鼻    9:13
下の大堀川  10:19~10:28(9)
山ノ鼻昼食等 11:27~12:13(46)
鳩待峠登山口 13:13

  登山時間 6:34 (69)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »