フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 慰霊登山<御巣鷹の尾根> (5/3) | トップページ | 御在所岳~青岳へアカヤシオ散策(5/7) »

2017年5月 4日 (木)

妙義山で岩場のトレーニング(相馬岳、中之岳)(5/4)

5/4(祝)は、恒例の岩場のトレーニングとして妙義山へ行ってきました。

コースは、妙義神社→白雲山→金洞山→妙義神社の周回コース。
中間道が途中で通行止めとなっていて、妙義神社まで戻ってくるために
中間道で東屋のあるところから麓に向かって下山する。


妙義神社右奥の「妙義山大の字・白雲山登山口」から登山を開始するが
入口は工事中につき、臨時の迂回登山道を通る。
しばらく登ると「大の字」の取付に到着。10mの岩場を登って「大の字
展望所」に到着し、しばらく眺望を楽しんだ。

P1270807


先へ進むと「奥の院」に到着する。50m程度の垂直の鎖が現れ圧倒される。
しばらく進むと「見晴」に到着し、眺望はよし。浅間山と裏妙義の
丁須ノ頭が見えました。

P1270825



このあと「大のぞき」に到着する。大のぞきの先はスパッと切り落ちていて、
約40m+60m程の長い鎖を降下する。
この先、天狗岩を経て相馬岳へ到着する。相馬岳で軽くお昼ご飯を食べた。


山頂から、険しい金洞山や、裏妙義、浅間山・・・などが見えます。
先に進むと、バラ尾根・堀切を経て、そびえたった金洞山が見えてくる。
危険を促す看板が多くなってきて、「鷹返し」が近付いてくる。

P1270849



最大の難所である「鷹返し」は、鎖など150mの高低差を登ります。
核心部は垂直に近い岩場に、長い鎖があります。

P1270858


「鷹返し」を登り切ったあとも、下へ急降下する鎖場が待っている。
鎖は途中でオーバーハングしている所もあり、足を掛ける場所に注意。
セーブしてきたが、そろそろ腕力の限界が近づいてくる。
そして順調に中之岳に到着しました。お昼の続きを食べてから下山開始。

P1270842



第四石門近くの登山口に到着し、「大砲岩」の奇岩群を見たあと、
中間道を通り途中にある四阿の東屋の分岐から、麓の大人場に向かって
下降する。このあとは舗装道路を通って妙義神社まで戻ってきました。


【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1135118

【登山タイム】
妙義神社駐車場5:37
白雲山登山口 5:55
大の字    6:24
奥の院    6:41
見晴     6:56
天狗岩    7:33
白雲山相馬岳 7:53~8:10(17)
鷹返し    9:18
金洞山中之岳 9:31~9:41(10)
第4石門登山口10:52
大砲岩など  11:14~11:26(12)
四阿分岐   11:58
妙義神社駐車場12:35

    合計 6:58 (39)

« 慰霊登山<御巣鷹の尾根> (5/3) | トップページ | 御在所岳~青岳へアカヤシオ散策(5/7) »

コメント

妙義山は10年ほど前に登っただけです。
もちろん中間道でした。
大砲岩にまたがりました。帰りに日帰り温泉に入りました。
ちょっと思い出しました。

happy01西やんさんへ
こんばんは
現在、中間道は途中で土砂崩れがあり
通行止めとなっています。
四阿~大人場(登山口)と下ることにより
妙義神社~石門群を歩くことができます。
この中間道でも大変な道ですね。
この日帰り温泉の露天風呂から妙義山の
稜線が見えるので気持ちいいですね!
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1536159/70536004

この記事へのトラックバック一覧です: 妙義山で岩場のトレーニング(相馬岳、中之岳)(5/4):

« 慰霊登山<御巣鷹の尾根> (5/3) | トップページ | 御在所岳~青岳へアカヤシオ散策(5/7) »