フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月の4件の記事

2016年9月20日 (火)

多度山へショートレンジの練習(健脚コース)(9/19)

今週末は、天候不順によりアンプスは断念した。
9/19(祝)は、練習不足を補うためショートレンジの
多度山へ登った。
本日、多度山のある桑名市は、ウェザーニュースでは
雨が降ったり止んだりの予報だが、微かに3時間程の
曇り空の時間帯があったので、ピンポイント攻撃だ。


いつものようにランチを食べている余裕はない。
したがって、時間のかからない健脚コースピストンです。
だいぶ登坂スピードも戻ってきたようだ(^^)


◆多度山健脚コース登山口
P1250354


◆健脚コース5合目
P1250355


◆健脚コース6合目辺りからの伊勢湾河口、中洲には長島温泉
P1250356


◆健脚コース7合目からの鈴鹿の山方面、全く雲の中
P1250357



えっ~、山頂に着くとしばらくして雨が降ってきた・・・^^;
山頂の天候は変わりやすいものだ・・・・
シュークリームとドリンクのみで、少し休憩しながら様子を
うかがっていると、雨が止んだので直ぐに下山を開始した。
家に帰ってきて、予報通り12時頃には小雨が降り出した。


◆多度山山頂
P1250359


◆多度山山頂から見た木曽三川タワー
P1250360


◆多度山山頂にて雨が降ってきました
P1250361


◆多度山健脚コース下山口
P1250363


◆多度山健脚コース旧愛宕神社跡
P1250364


◆多度山健脚コースは樹木が覆っていて小雨なら当たらない
P1250366


◆健脚コース5合目から見た木曽三川タワー
P1250367_2



短い時間の練習であったが、少しであっても継続することに
意味がある。
今週は台風の影響もあって、アルプスの天気が悪いねぇ~
早く安定して、良くなって欲しい・・・・。


【登山タイム】
多度峡健脚コース登山口    9:49
多度山山頂      10:22~10:36(14)
多度峡健脚コース登山口   10:54

   登山時間 1:05(14)

2016年9月18日 (日)

船釣り日記(9/17) ~アマダイをゲット~

9月17日に約2ヶ月ぶりとなる船釣りに行きました。
連続する多種の台風などのため、海は大荒れが続きました。
途中には痛風もありました^^;


本当に久しぶりでした。
釣り方や準備するものもちょっと忘れかけていました・・・
今日は、長男と私の2人の釣りでした。


波やうねりも少なく、中深海まで行けましたが釣れません。
結局、朝のうちに50~60mの浅場で釣った高級魚の2種が
釣果のほぼ全て。



◆アマダイをゲット
Img_20160917_090040



高級魚の2種はヒラメ、アマダイ、その他五目釣りでしたが、
ガンガン釣れる日ではありませんでした。
その2種以外は、田舎の実家へ置いてきました。
ヒラメ、アマダイは刺身などで美味しくいただきました(^^)


<今日の釣果>
ヒラメ(43cm)、アマダイ(55cm)、レンコダイ、マダイ、
マイカ、ユメカサゴ、ウッカリカサゴ、ホウボウ


写真はウロコ、腹取り出し済み
Img_20160917_155639


2016年9月13日 (火)

北岳へ登れるまで回復したので一安心!(9/10)

先週の御在所岳に引き続き、今回は少し登山時間を要する北岳へ
トレーニングを兼ねて登りました。


この日は天気が良い予報でしたので、行ってきました。
夜自宅を出発時は睡眠なしでしたので、途中で仮眠をとりながら・・・
芦安駐車場には6時半頃に到着したので、下の第4駐車場となり
乗り合いタクシーにて広河原へ。
広河原には7時半頃に到着し、準備して早速出発した。


◆広河原の橋より北岳が見えました
P1250280


◆大樺沢渡渉の橋
P1250284


◆大樺沢二俣
P1250290




昨年末同様のルートで、大樺沢左俣⇒山頂⇒白根御池で周回した。
登山タイムは昨年と比べて、やはり時間がかかっている。
痛風の患部は大分良くなってきたが、体力不足がたたっている。
しかし痛風は、北岳へ登れるまで回復したので、一安心!


◆鳳凰三山(八本歯のコルより)
P1250302


◆八本歯のコル
P1250304


◆広河原~大樺沢(八本歯のコルより) バックの山は地蔵岳
P1250307



午前中はガスも出ずに、眺望は抜群でした!
雲海の上に浮かんだ大きな富士山が見えた。また周囲の山々もきれいに
見えていた。間ノ岳、甲斐駒、千丈、鳳凰三山・・・
北岳から間ノ岳へ向かう3000m級の縦走路の奥には鉄兜の塩見岳も、
また遥か遠くの北アルプスには、槍穂高連峰も確認できた(^^)


◆富士山(北岳山頂手前にて)
P1250319


◆北岳から間ノ岳へ向かう3000m級の縦走路の奥には鉄兜の塩見岳
(北岳山頂手前にて)
P1250321


◆千丈ヶ岳(北岳山頂より)
P1250323


◆甲斐駒ヶ岳(北岳山頂より)
P1250325


◆オベリスク(北岳山頂より)
P1250326


◆賑わう北岳山頂から富士山
P1250327


◆遠くに北アルプスの槍穂高
P1250332


◆3000m級の縦走路へ雲が湧き立つ
P1250339



山頂の日差しは強かったが、1時間余り周囲の山々を堪能しながらお湯を
沸かしカップヌードル、そして山頂で飲むドリップコーヒーは美味しかった。
午後からは徐々にガスが出てきたので、下山することに・・・
下山コースは白根御池経由にて、激下りは練習不足の足腰にきつかった。


◆肩の小屋から北岳山頂を見上げて、青空が眩しい
P1250343


◆小太郎山分岐、バックは千丈ヶ岳
P1250345


◆途中でみた花
P1250347


◆途中でみた花
P1250348


◆白根御池
P1250350


◆白根御池小屋
P1250351


◆白根御池分岐
P1250352



今シーズンは痛風のダメージと、練習不足による体力面からたくさんの
山々へは行けないため、本当に行きたい山に絞って登ることとします。
今回は素晴らしい山々の風景も見れて大満足、体力のなさを痛感したが
今度はどこにしょうかなぁ~(^^♪



広河原バス停 7:41
二俣     9:05
八本歯のコル 10:47
北岳山頂   11:52~13:20(1:28)
肩ノ小屋   13:39
白根御池小屋 14:43
広河原バス停 15:57

  登山時間 8:16(1:28)

ステップアップは御在所岳へ <本谷⇒中道> (9/3)

通風の回復状態を確認すべく、先週の多度山に引き続き今回は
御在所岳へ登った。御在所岳は登山距離は少ないが傾斜があって、
トレーニングと調子を確かめるにはちょうど良い。
今回のコースは、本谷→中道の周回コース。


◆本谷登山口
P1250228


◆本谷
P1250230


◆不動滝
P1250232


◆倒木のある右側の沢へ進む分岐点
P1250235


◆大黒滝
P1250237


◆くぐり岩(ジョーズ岩)
P1250238


◆くぐり岩(ジョーズ岩)をくぐってみました
P1250239


◆くぐり岩を上から見たところ
P1250240


◆ロープウェイ名物の白鉄塔
P1250243


◆大黒岩に到着
P1250245


◆大黒岩
P1250246


◆恵比須岩
P1250248


◆本谷の案内板
P1250255



夜に雨が降ったため、天気は曇りだが、岩場が湿っていて
滑り易い状態でしたが、涼しい日で助かった。
山頂は風もあって、少し肌寒く上着を着たくらいだ。


◆御在所岳山頂
P1250257


◆御在所岳ピーク
P1250258


◆御在所岳山頂の方向看板
P1250261


◆御在所岳スキー場ゲレンデ
P1250262


◆富士見岩から見た大黒岩とロープウェイ
P1250263


◆富士見岩から見たキレット近くの岩場
P1250264


◆ゆるぎ岩と天狗岩
P1250266_3


◆キレット近くの岩場
P1250269


◆キレット近くの岩場、上から
P1250272


◆地蔵岩
P1250273


◆ロープウェイの白鉄塔の下辺りが本谷
P1250274


◆鎌ヶ岳は雲の中
P1250275


◆おばれ岩
P1250277


◆中道登山口
P1250278



通風の患部あとは、やはり違和感があり、時折足の指先に体重が
かかってしまうと、まだ痛い・・・
しかし、ある程度は歩けることを確認でき良かった!
本谷が登れるようになったので上出来だ(^^)


【コースタイム】
中道登山口(登山届)8:57
本谷入口     9:00
大黒滝      9:51
大黒岩      10:26~10:37(11)
御在所岳、ピーク 10:56~11:17(21)
富士見岩     11:31
地蔵岩      12:00
おばれ岩     12:08
中道登山口    12:22

  登山時間 3:25(32)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »