フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

2019年7月22日 (月)

両神山へトレーニング(新落合橋・八丁峠より)(7/21)

7/21(日)は、穂高縦走の予定が雨天延期となったため、縦走予定の同好会の
方々と、両神山へ八丁峠からの岩場のトレーニングに行ってきました。
前回2年ほど前は八丁トンネル駐車場からでしたが、現在、八丁トンネル先が
通行止めのため、アクセスは秩父市の方からとなることから、新落合橋の登山口
から登ることにした。すでに数組の車が駐車されていました。

早速準備して出発した。八丁峠まで急登が続く・・・
八丁峠から西岳、東岳とアップダウンを繰り返しながら、キツイ鎖場を通過して
行きます。相当な数の鎖場でした。

両神山山頂に到着すると、前回2年には座る場所もないほどの登山者でしたが
今日はわずか数人の登山者しかいなく、寂しい山頂でした。
生憎、山頂の周囲はガスがかかっており、展望は全くありませんでした。
途中まで南側の展望がありましたが、山頂に到着するころにはガスの中でした。
30分ほどお昼ご飯を食べてから下山しました。

P1390579

下山時は、ガスが樹木の露となって落ちて、登山道が湿っていました。
そのため、岩場がたいへん滑り易い状態でした。
また行きに通ってきたとは思えないほど、長く感じました。
実際登山時間は8時間余りかかっており、単独登山のときと比べほぼ倍の
時間を要しました。疲れるはずです。

ガスのため展望はありませんでしたが、久しぶりに岩場の両神山を味わうことが
できました(^^) トレーニングにもなったかな!


【タイム】
新落合橋駐車場 7:56
八丁峠     8:44
西岳山頂    9:49
東岳山頂  11:11~11:16(5)
両神山頂  11:58~12:27(29)
東岳山頂    13:08
西岳山頂    14:28
八丁峠   15:33~15:37(4)
新落合橋駐車場 16:15
    
   登山時間 8:19(38)

【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1938076

 

2019年7月15日 (月)

天狗沢からジャン~奥穂~北穂~槍(7/13-15)

7月13(土)~15(祝)にて、同好会で一番のスピードを持つSさんと
上高地から岳沢を通り、天狗沢からジャンダルム⇒奥穂高岳⇒北穂高岳⇒
槍ケ岳と北上するルートで、下見も兼ねて槍穂高連峰へ行ってきました。

当初、できれば13、14日で縦走する予定でしたが、天狗のコル直下に
100m位の残雪があり、アイゼンを履いての登坂になった。
これが祟って、二人ともバテました。それでもジャンに登るとテンションが
上がります。今シーズンもいち早く、ジャンの天使にも会えましたぁ・・・

P1390375


また核心部のロバの耳、馬の背も相変わらず、たいへん刺激ある場所だ。
予定の北穂高小屋まで行けない時刻ではありませんでしたが、バテもあって
無理をせず穂高岳山荘で泊まることにしました。

しかし梅雨時期なので計算通りにはいかない・・・
穂高岳山荘からでも、北穂高小屋でも、槍ヶ岳まで縦走後に新穂高温泉まで
一日で下山することは充分可能だ。しかし、2日目は雨天のため断念して、
完全に下山するか迷いましたが、選択は、小雨のときに穂高岳山荘から
北穂高小屋へ移動して北穂高小屋へ泊まり、3日目に下山することにした。

2日目は天候が悪く、楽しみにしていた北穂高小屋からの展望は全くなかったが、
小屋でまったりできましたぁ・・・(^^)
大キレットを踏破してきた方々の話しを聞いたり、楽しいひと時を過ごしました。
翌日は朝弁当を頼んでおき食べたあと、早く大キレットへ出発した。
順調に進んで核心部の飛騨泣き、長谷川ピークを通過して槍ヶ岳山荘に着いた。
槍の穂先をピストンし、カレーライスを食べてから新穂高温泉へ下山しました。


スピードあるSさんと、ガンガン飛ばす登山ができて、また刺激ある岩場や
まったりと山小屋で過ごすことができて、とても楽しかった!
これで、冬⇒夏シーズンへの対応できる体力作りができたと思います。
やっぱり、槍穂高は最高ッスね(^^)

【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1932767

【コースタイム】
<1日目>
上高地BT  5:30
岳沢ヒュッテ 7:36
天狗のコル  10:49
シャンダルム 12:53~12:57(4)
奥穂高岳山頂 14:26~14:31(5)
穂高岳山荘  15:03
  登山時間 9:33(9)

<2日目>
穂高岳山荘  11:24
北穂高小屋  13:40
  登山時間 2:16


<3日目>  
北穂高小屋  4:30
長谷川ピーク 5:40~5:42(2)
南岳小屋   7:02~7:12(10)
槍ヶ岳山荘  9:40
槍ヶ岳山頂  9:53~10:01(8)
槍ヶ岳山荘  10:27~10:56(29)
槍平小屋   12:54~12:58(4)
白出沢出合  14:20~14:28(8)
新穂高バス停 15:27
  登山時間 10:57(61)

 

2019年7月 7日 (日)

戸隠山の蟻ノ塔渡へトレーニング (7/7)

7/7(日)は、山岳同好会の方々と戸隠山(蟻の塔渡)へ行ってきました。
奥穂~西穂間縦走のトレーニングです。

朝のうちは少し雨が降っていて、岩場の通過は厳しいかなと思っていたら、
百閒長屋を越えたあたりから雨は上がりました。
反対側から下りてくる方に状況を聞くと、何とか通れたということでした。

奥穂~西穂間の本番さながらということで、今回はロープなしの本番モードで
蟻の塔渡に突入しました。皆さん問題なく通過できました。

そして、八方睨でお昼をとり、戸隠山、九頭龍山と進んで周回してきました。
高度感ある危険な岩場も通り距離もありと、少しはトレーニングになったかな。
皆さま、お疲れ様でした。

P1390241 P1390242

 

 

【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1921174

【タイム】
奥の院入口 8:16
奥の院登山口8:49~9:00 (11)
百閒長屋  9:57
蟻の塔渡  10:49~11:24 (35)
八方睨 11:16~11:35 (19)
戸隠山 11:56
九頭龍山12:36~12:42 (6)
一不動 13:34~13:40(6)
滑滝  14:14 
ゲート 14:40
戸隠キャンプ場 15:15~1:32(17)
奥院入口駐車場 16:10

  登山時間  7:54(94)

2019年6月29日 (土)

和佐又~大普賢岳と七曜岳を周回(6/29)

同好会の山行計画のないときは天候と睨めっこで、梅雨時の週末の
トレーニング場所を決めている。今回は近畿から関東まで完全に
梅雨前線の影響を受けており、土日ともに悪かった。

唯一天候が良い日・地域として、土曜日の大峰山系のみであったので
6月29日(土)は、ちょうど1年前に同好会のUさんに教えていただいた、
大普賢岳と七曜岳を周回するコースへトレーニングに行ってきました。

右回りの方が上りがきついと思うが、何せ2回目であるため道迷い
するといけないため、前回と同じ左回りの大普賢岳⇒七曜岳としました。
両周りとも初めのピークまでは、同じ約600mの標高差で大差はない。

大普賢岳までの上りは、空木岳の登山道の雰囲気と似ていて、また途中の
傾斜がきつくなったところは鉄梯子・階段が連続し、甲斐駒の黒戸尾根の
雰囲気もあり、トレーニングには持って来いだ。けっこう足ガク状態になる。

今日のトレーニングの目標は、昼食以外はほぼ休憩なしで歩き続けること。
少し体力の無さを痛感したが、頑張って歩いた・・・・
コンディションは曇り時々晴れ、気温20℃後半。雨上がりのためよく滑る。
極暑ではなかったが、少しはトレーニングになったかな!

P1390178


【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1910766

【タイム】
和佐又山登山口 7:43
大普賢岳山頂  9:30~9:34(4)
七曜岳山頂   10:28~10:56(28)
和佐又山登山口 13:04

  登山時間  5:21(32)

2019年6月23日 (日)

久しぶりの釣り(6/23)

6月23日は、久しぶりに長男と釣りに行ってきた。
波も風も穏やかでした。
五目釣りにて、クーラーはいっぱいになりました。

珍しくアマダイがたくさん釣れました。
刺身、煮つけでいただき、美味しかったぁ~(^^)

 


<今日の釣果> 
アマダイ、レンコダイ、カサゴ類、オキメバル、サバ など

 Dsc_0023 Dsc_0024

 

 

2019年6月22日 (土)

潮騒の島:神島 (6/22)

6月22日(土)は同好会の第三例会というのがあって、
潮騒の島”神島”へ鳥羽から船に乗って行ってきました。

映画の舞台となったところです。
現在まで時代が変わって、4回撮影されたそうです。
吉永小百合さんは有名ですね。
神島を一周回ってきて、ちょっとしたランチ会があって、
楽しい1日でした!

Dsc_0008 Dsc_0012 Dsc_0013 Dsc_0014

 

2019年6月16日 (日)

多度山へトレーニング [健脚⇒瀬音(黒石)⇒中道⇒健脚コース] (6/16)

6月16日(日)は朝から雨であったが、雨が上がってから多度山へ
行ってきました。毎週少しでも登山を続ける必要があります。
今日のトレーニングは、健脚⇒瀬音(黒石)⇒中道⇒健脚のコースを
回ってきました。
少しは練習になったかな・・・。

P1390133


【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1897778

【タイム】
健脚コース駐車場 13:03
 [健脚コース]
多度山山頂    13:34~13:48(14)
 [瀬音の森コース](黒石)
中道登山口 14:24
 [多度峡中道コース]
多度峡中道登山口 14:56
瀬音の森の中道分岐 15:47
多度山山頂    15:58~16:12(14)
 [健脚コース]
健脚コース駐車場 16:33

  登山時間  3:30(28)

 

2019年6月13日 (木)

東京のラーメン (6/13)

6/13は、久しぶりの東京出張でした。
お昼は池袋近くの並ぶラーメン店で食べました。

Img_20190613_122123

Img_20190613_123442

Img_20190613_174759

 

2019年6月 8日 (土)

大倉から塔ノ岳ピストン (6/8)

※久しぶりの投稿となります~(7/20)

6/8(土)は、大倉から塔ノ岳へトレーニングに行ってきました。
冬のオフから夏のシーズンに向けて、この尾根を登ると自身の体力の
なさがよくわかる。冬場に脚力や心肺機能が衰えてしまっている。
前回、荒島岳を登っときに体力低下を痛感した。

朝自宅を2時過ぎに出発し大倉には6時過ぎに到着。大倉バス停前の
24時間営業の駐車場へ停めました。天気が天気だけにガラガラ。
この日は前線通過後にやや天候がよくなる予報であったので、
トレーニングに行ってきました。しかし昼からも雨マークなのだ。
短い時間でも梅雨に入ったので、そうそう回数はいけない。
夏のアルプスはそこまで迫っている・・・・

スタート時間が早く天候回復が遅れており、まだ霧雨のような天気で
ザックカバーをかけた。カッパはいらない程度。そういうことで
周囲の天候は当然雲の中。天候回復が遅く途中で帰ってくる人もいた。
私はトレーニングが目的だし、途中の雨は覚悟していたが。

花立山荘手前の上り階段は段差もあり、体力不足の状態ではきつい。
少しパランスを崩しかけて右足を不意に伸ばしたところ、情けないが
右ふくらはぎがつった。
予想していなく滅多にないことで、花立山荘で少しほぐして何とか
回復した。恐る恐る、そのまま山頂まで登りました。

まだ山頂は、霧かガスか雲の中なのかモヤモヤした天候だ。
天候もよく足も問題なければ丹沢山の方まで縦走の予定でしたが断念。
風が冷たく時間も早かったので、お昼にせずしばらくしてから下山した。

花立山荘まで来ると天候が回復し、曇りで日差しはなく登山日和となった。
ここからどんどん登山者が登ってきていました。昼からも天候はもつのか?
ここでお昼をとってから、再び下山を開始。

再び足がつることはありませんでしたが、大事に降りました。
何とか無事に大倉バス停に到着。ここの大倉バス停には、嬉しいことに
靴のドロを洗う場所があり、大変助かります。感謝感謝!


トレーニング前の今の状態で3時間で登れたから、まぁ上出来だ。
短かったけど、ちょっとはトレーニングになったかな!

P1390108

 

【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1886960

【コースタイム】
大倉バス停 6:22
堀山の家  7:53
塔ノ岳  9:14~9:19 (5)
花立山荘 9:40~9:55 (15)
堀山の家  10:17
大倉バス停 11:15

  登山時間 4:53 (20)

2019年6月 1日 (土)

荒島岳(中出コース) (5/26)

5/26(日)は同好会にて、中出コースから荒島岳へ行ってきました。
こちらの登山口からは初めて登りました。少し長いコースとなっています。
この日は麓で30度を越える日で、山頂でも20度後半であった。
水分補給を絶やさないように注意した。汗もよくかいた。

勝原登山道からとの合流点から先に進むと、昔登ってから記憶は薄いが、
登山道が荒れてしまっているように思いました。
階段部分が少し段差があったり、えぐれているところもあり、百名山として
少し残念な状態である。登山者が多いから仕方ないのかも知れません。

P1390049

山頂は少し小さな虫が多かったが、眺望は素晴らしかった!
雪の残る白山が間近に見えました。残念ながらアルプスは見えませんでした。
しかし、夏のアルプスのトレーニングとしては、いい山行となりました。
体がまだ冬型を覚えていて、暑さに対応できていない。
まだ何回か暑い登山を繰り返さなければ、夏のアルプスには対応できない。
7月のアルプスに向けて、一つ一つトレーニングして行きたい・・・・!

カッコウが鳴いていたのと、花も多くカタクリが見られました(^^)


【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1876030

【タイム】
中出コース登山口 7:38
荒島岳山頂  11:39~12:20(41)
中出コース登山口 15:33

  登山時間 7:55(41)

«伊吹北尾根で御座峰ピストン (5/18)