フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

2018年11月 4日 (日)

イブネ[滋賀県側の岩ケ谷林道登山口より] (11/4)

11/4(日)は、同好会の方々(当初20名⇒16名)と滋賀県側の
岩ケ谷林道登山口から杉峠を経てイブネへ行ってきました。
三重県側は生憎の小雨状態であったため、雨が嫌いな人は中止
OKとなり、雨でも大丈夫な人だけ決行した。

岩ケ谷林道Pに着いたときは、雨はなかった。途中で雨が降り出し
イブネに着いたときに少し強く降り出した。そのため、クラシは撤退
中止として、杉峠へ向かって折り返しました。途中の佐目峠辺りで
雨はすっかり上がって、青空で陽がさすこともありました。

イブネ
P1360312

P1360315


滋賀県側からの鈴鹿の山に登ったのは初めてで、千種街道は歴史の
ある街道でした。小田信長を鉄砲で狙ったときに隠れていたという
岩もあったり、また途中の鉱山跡あたりで紅葉も見られて良かった。
少し雨は余分でしたが、急登もなく気持ちいい山行ができました(^^)

P1360359


【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1648817

【コース】
岩ケ谷林道P(千種街道)→杉峠→イブネ→×[中止]クラシ→岩ケ谷林道P

2018年11月 3日 (土)

多度山8の字周回 [4登山コース踏破] (11/3)

11月3日(土)は天気がいいので、多度山へ行ってきました。
また会社でウォークラリーをやっているので、この日は4登山道の制覇として
健脚⇒眺望満喫⇒多度峡中道⇒瀬音の森の各コースを、8の字めぐりをした。

P1360245

P1360250

P1360254
(コースは全部載っていません)

【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1641681

【タイム】
健脚コース駐車場 11:14
 [健脚コース]
多度山山頂    11:59~12:35(36)
 [眺望満喫コース]
多度峡中道登山口 13:33
 [多度峡中道コース]
瀬音の森の中道分岐 14:24
 [瀬音の森コース]
海の見える展望所 14:30~14:49(19)
健脚コース駐車場 16:04

  登山時間  4:50(55)

2018年10月29日 (月)

御在所岳と鎌ヶ岳周回[本谷(大黒尾根)⇒峠道⇒長石尾根⇒三ツ口谷](10/28)

10/28(日)は、この時期毎年の恒例となった紅葉の御在所岳と、
先週も同好会で登った鎌ヶ岳へ行ってきました。
コースは、本谷から大黒尾根を直登し大黒岩から紅葉を見たあと、
御在所岳山頂へいき、峠道を通って鎌ヶ岳に登り、お昼を取ったあと
長石尾根から三ツ口谷に入り、旧スカイラインへ帰って来る周回コース。

この日は、中道登山口駐車場だけでなく、路肩駐車が長々と始まっていた。
パトカーも2台回っていた。少し到着時間が遅かったためもあり、駐車位置は
旧スカイラインにある鎌ヶ岳への三ツ口谷登山口前の路肩駐車となった。
そのため、御在所岳と鎌ヶ岳の周回には、ちょうど良かった。

駐車地点から一旦、本谷登山口へ下ったあと、登山開始した。
順調に本谷を上っていき、ジョーズ岩から大黒尾根に取付いて直登に入った。
前回、御在所に登ったときに、この大黒尾根を初めて直登したが、
そのときは途中の岩場の核心部、長い最後の垂直部分は右側の巻き道を
通ったが、今回は左側から岩場垂直部分の直登にアタックした。


P1360138

P1360158

P1360173



この核心部にて、2人組みの先行者の方がいて話しをしたところ、いつも
右の巻きを通っているとのことでした。私は左側の直登コースへ進む。
このあと、大黒尾根頂上の大黒岩へは私の方が早く着いた。

しばらく大黒岩からロープウェイ越しの岩肌などの紅葉を堪能した。
紅葉はすでに少し下へ進んでおり、白鉄塔付近まで下りていた。
残念ながら、今年の大黒岩あたりの紅葉は、一週間ほど遅かったようだ。


Img_2268


このあと、一の谷登山道から山上公園を通って御在所山頂へ向かった。
アゼリア跡はまだ工事をしていました。いつもながら、御在所山頂は
紅葉の時期もあり、またカモシカ大橋もできたこともあり、たくさんの
人で賑わっていた。望湖台なども見てから、周回コースの峠道へ向かった。

P1360183



峠道から武平峠を経て、順調に鎌ヶ岳山頂へ到着しました。先週より
紅葉が進んだところも見えて、赤くなっているところもあった。
山頂は賑わっており座るところが少ない状態で、入道ヶ岳側に座って
お昼を取った。今日は麓にある「おにぎり村」のおにぎりとカップヌードル。
しばらく景色を堪能したあと、下山しました。


P1360218

P1360229


長石尾根で下山開始し、下部合流箇所にて三ツ口谷コースに入って、
駐車した旧スカイライン上にある三ツ口谷登山口に戻って来ました。
この時期は、御在所岳・鎌ヶ岳と言えば大混雑するが、混雑するだけの
理由がありその反面、紅葉を楽しめて気持ちいい山行になりました。

【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1636132

【登山タイム】
三ツ口谷登山口 7:41
本谷入口    7:57
不動滝     8:19
大黒岩   9:20~9:32(12)
御在所山頂 9:54~10:03(9)
武平峠   10:28
鎌ヶ岳山頂 11:08~11:53(45)
三ツ口谷合流  12:14
三ツ口谷登山口 12:46
   
  登山時間 5:05(66)

2018年10月21日 (日)

鎌ヶ岳(水沢峠~鎌尾根周回) (10/21)

10/21(日)は、昨日の恵那山に続いて同好会の方々(全10名)と鎌ヶ岳へ
行ってきました。
昨日のヒョウや雨が降る天候とは打って変わり、本日は暖かな好天となりました。
欲を言ってはいけませんが、暑いくらいでした。
鎌尾根は、鎌ヶ岳⇒入道ヶ岳へ縦走するのに通りますが、今回の宮妻峡キャンプ場
から水沢峠へは初めて通るコースとなりました。思っていた以上に上りがきつい。

P1360091

P1360118

00338953045


山頂付近はちょうど紅葉のタイミングでしたが、少し枯れかけた紅葉が目についた。
鎌ヶ岳山頂から少しきれいな紅葉が見られました。

【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1633339

【コース】
宮妻峡キャンプ場~水沢峠~水沢岳~岳峠~鎌ケ岳~カズラ谷~宮妻峡キャンプ場

2018年10月20日 (土)

恵那山(広河原) (10/20)

10/20(土)は、同好会の方々(全23名)と恵那山へ行ってきました。
少し前に登山口すぐの橋が落ちていて、どうなるかと思いましたが
予定の日まで直していただき良かった。ありがとうございました。
百名山とあって、山頂は賑わっていました。山頂の展望がないのが
残念な百名山である。そんな意味で、"近くて遠き山"の一つだった。


00320090787

P1360053

P1360056



同好会の方で足がつった人もいたり、山頂でヒョウが降ったり、途中から
雨が本降りとなり冷たかったが、みんな無事に下山できて良かった。

【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1632186

【コース】
広河原駐車場→登山口→恵那山山頂のピストン

2018年10月14日 (日)

今年最後の北アルプスは剱岳にて締め(早月尾根) (10/13)

北アルプスの北穂小屋泊を予定していたが、土日の天気予報は各アルプスとも
稜線に降雪の予報であったため、10/13(土)の日帰り候補として、今年は、
奥穂ジャンは登っているし、北岳、鹿島槍はまだチャンスがあるかも。

前日の10/12はゴルフであったため、最近疲れが次の日まで残ることから、
軽い登山にしたかったのだが、真逆の試練と憧れ「剱岳」へ行ってきました。
剱岳も北方稜線のタイミングを狙っていたが、機会なく悔しい思いをしていた。

P1350898



ゴルフの夜はよく眠れる。夜中の1時すぎに起床して2時前に剱岳早月尾根の
登山口である馬場島へ向かった。馬場島に着いたときには、すでに明るかった。

準備して早速出発した。少し肌寒い。登山道も霜が降りたり霜柱ができていた。
それでもたくさん汗をかいた。この登山道はタフさが要求される試練の登り!
早月小屋はすでに閉まっており、少し汗が冷えてきたので中にダウンを重ねた。

P1350944

早月小屋から登りは更にきつくなる。槍北鎌で痛めた左アキレスの上も少し痛い。
また昨日のゴルフの疲れもある模様。脚力は正直に悲鳴を上げてきた・・・。
少しスピードを落としつつ、一歩一歩登る! 試練のときだ。試練は槍ヶ岳山荘
からの強風雨の下山のとき以来だ。
しかし岩場に入ると、それ程疲れは見られず、何とか山頂に到着した。

P1350972



周囲360度の眺望は抜群だった。別山尾根にガスが忍び寄ってきたため、
槍ヶ岳は一瞬見えていただけ。それでも近辺の山々はきれいに見えた~(^^)
中でも後ろ立山連峰はよく見えていた。八つ峰や、針ノ木もよく見えた。
この一瞬の喜びがあるので、試練の早月尾根も我慢できるのだろうなぁ・・・。

P1360003

P1350986


山頂でのコーヒータイム。今年最後の北アルプスも満足のいく山行になりました。
下山はドロドロで、木の根っ子も石もよく滑る。注意していても数回滑った。

また2年前の10/10にも登っていて、16:30で馬場島荘のお風呂がやっていたのに、
今年は少し早く到着したが、もうタイムアウトだそうだ(-_-;)
残念、途中のアルプスの湯に寄って帰って来ました。

【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1615287

2018年10月12日 (金)

名松GCにてゴルフ (10/12)

10月12日(金)は、先週雨天のため延期としていたゴルフでした。
三重県の名松GCというアコーディアグループのゴルフ場です。
兄貴と長男と私の3人。久しぶりでしたが、まあまあでした。

お持ち帰りお土産というのがあって、「助六寿司(1000円)」が美味しそう
なので2個買ってきました。鰻、エビ、しめ鯖等々入っていて美味しかった!

ホームページより借用
Pc_03

Pc_c

2018年10月 8日 (月)

今年も紅葉の雨飾山へ (10/8)

台風のためか泊まってみたかった雨飾荘に空き(10/7)がでたので、前日に宿泊して
10月8日(祝)は雨飾山へカミサンと行ってきました。
ここの温泉は抜群であるし、料理もいいということを餌にしてカミサンをさそった。
一人泊まっても二人泊まっても料金はあまり変わらないので勿体ないのだ。

紅葉には少し早いかと思いましたが、今年は少し早いようでドンピシャでした。
雨飾山は楽な登山道ではなく、上りがきついところがあるので、カミサンが音を
上げかけたが結局登頂しました。途中まで行けるところまで行くというので、
雨飾荘のお昼弁当を食べてから早々と山頂を後にしたが、結局山頂間際まで登って
きていたため、私も再び山頂へ・・・。

近くの紅葉は良く見えました。後ろ立山連邦は少し山頂付近だけ見えました。
反対側の焼山が雲も切れてよく見えていました。
下山時は目の先に紅葉した山なりが見えて素晴らしかった(^^)

P1350757

P1350815


【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1615035

2018年10月 5日 (金)

多度山へランチ [健脚⇒眺望満喫コース] (10/5)

10月5日(金)は、ゴルフ休暇でしたが雨天のため延期とし、
その代り久しぶりに多度山へランチに行ってきました。
健脚⇒眺望満喫の周回コースでした。
多度山は曇り空で、眺望はあまり良くなかった。
(ゴルフ場は三重県の中部で小雨の予報、多度山は北部で曇り)

P1350724



【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1614954

2018年9月30日 (日)

今年の涸沢カール (9/28-29)

9月28日(金)~29日(土)は、山岳同好会の山行でした。
涸沢の常設テントを予約し、涸沢ヒュッテの混雑を避けての計画でした。
晴れれば、当初28~30日で涸沢と穂高(奥穂・北穂)の予定でしたが、
あいにく台風の前線の影響で雨天・大荒れとなり、2日間の行程となりました。

1日目の28日は天気も良く、涸沢の紅葉はちょうど見ごろを迎えていました。
翌日29日は崩れるのが早く、大人しく早々と下山いたしました。


P1350653

P1350663


欲を言えば結果論ですが、それに平日2日間の休みは無理ですが、27~28日で
計画を立てた方は、見頃の紅葉とモルゲンロートも見られたということでした。

それでも、今回いい紅葉が見られて大満足でした(^^)
涸沢ヒュッテテラス前のナナカマドも、全体的にオレンジの紅葉が多く、真っ赤な
紅葉の年もあるので、少し早いのか今年はオレンジなのか定かではありませんが、
枯れていないことから、数日程度、少し早いのかな!?

あちこちの山で、夏の暑さのためか、枯れかけたナナカマドをたくさん見たので、
贅沢を言ってはいけませんよね・・・

【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1601294

«木曽駒ヶ岳、宝剣岳(桂小場より) (9/23-24)