フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

2019年9月 8日 (日)

鳥倉から百高山を目指して・・・(9/7-8)

9/7(土)~8(日)は、百高山踏破を目指して歩いてきました!
昔に三伏峠~悪沢間、塩見~間ノ岳間の登山道は通っていましたが、
残念なことに写真やログがありませんでした。

百名山や百高山は自己満足の世界であり、自分が行ったと思えば
それでよいのですが、「写真の撮影」のこだわりがあって、再度
行ってきました。2日間で50Kmとバカのようによく歩いたものだ^^;

天気は上々、良すぎて暑さで困ったぁ・・・2日間とも。
その反面、南アルプスのオールスターの眺望は抜群でした!
北アの槍穂高に、富士山もよく見えた(^^)

1日目の新蛇抜山、安倍荒倉岳はリサーチ不足のため、なかなか
出てこないため、踏み跡が多いところで少し、さ迷ってしました。
みんな探して、さ迷っているのだなぁって思いました。
後で思えば、有難いことに標識を付けてくれていました。

残暑厳しい長丁場の歩きは、水不足に注意しながら重い荷物を
背負って、ペース配分に気を遣います。

百高山としては、北荒川岳、新蛇抜山、安倍荒倉岳、烏帽子岳、
小河内岳の5座を荒稼ぎしました(^^)
お陰で、足が悲鳴を上げました。足の裏がイタイタ・・・

P1400217

P1400246

P1400291

【タイム】
【1日目】
鳥倉林道第2P 6:14
鳥倉登山口 6:54
三伏峠  8:43
本谷山  9:31
塩見小屋 10:42
塩見岳  11:42~12:01(19)
北荒川岳 13:18~13:28(10)
新蛇抜山 14:36~14:40(4)
安倍荒倉岳 15:36~15:40(4)
熊ノ平小屋 16:03

 登山時間 9:49(37)

【2日目】
熊ノ平小屋 3:46
北荒川岳  6:12
塩見岳 7:54~8:21(27)
塩見小屋  8:58
本谷山   10:15
三伏峠分岐 11:01
烏帽子岳 11:38~11:55(17)
小河内岳 12:57~13:05(8)
三伏峠   14:31
鳥倉登山口 16:00
鳥倉林道第2P 16:41

 登山時間 12:55(52)

【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=2012124

2019年9月 2日 (月)

唐松~五竜縦走の山行(9/1-2)

山の同好会で9/1(日)~2(月・祝)にて、唐松~五竜縦走へ行ってきました。
白馬岳からの3日行程でしたが、雨天予報のため2日に短縮しての実施です。

行程は、1日目はゴンドラ・リフトにて八方池山荘⇒八方尾根にて唐松岳登頂し
唐松山荘(泊)、2日目は唐松山荘⇒五竜山荘と縦走し荷物をデポして五竜岳へ
ピストンしたのち、遠見尾根にて下山しました。
唐松山荘⇒五竜山荘の縦走は、少し岩場もあって慎重に通過しました。

五竜岳登頂後、雨にやられました。荷物をデポしている五竜山荘から下山途中まで
雨は降り続き、長い遠見尾根とあってちょっと試練の下山となりました。

参加の皆さん、お疲れ様でした!

◆唐松岳
P1400134_20190914092701

◆五竜岳への稜線

P1400163

◆今年初めての雷鳥
P1400171 


【タイム】
[1日目]
八方池山荘10:19 ⇒ 13:44唐松山荘14:14 ⇒ 14:55唐松岳他 ⇒ 15:30唐松山荘

[2日目]
唐松山荘5:32 ⇒ 8:03五竜山荘8:20 ⇒ 9:31五竜岳9:34 ⇒ 10:24五竜山荘11:04
⇒ 13:06中遠見山 ⇒ 14:40ゴンドラ乗場


【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=2004823

 

2019年8月24日 (土)

北岳と間ノ岳の山行(8/22-24)

山の同好会で8/22(木)~24(土)にて、標高第2位と第3位の
北岳と間ノ岳へ行ってきました。
荒天のため中止も考えられましたが、何とか行ってこれました。

行程は、1日目は広河原⇒北岳山荘(連泊)、2日目は北岳山荘から
間ノ岳をピストン、3日目は北岳山荘⇒北岳⇒広河原下山。

2日目は、風雨の落ち着いた時間帯を見計らい間ノ岳へ登りました。
3日目には、北岳山頂からの素晴らしい眺望を味わうことができました。
目の前には仙丈、甲斐駒、鳳凰三山、そして富士山・・・
南アのオールスターが勢揃いしていました(^^)

参加の皆さん、お疲れ様でした!

◆間ノ岳⇒北岳山荘への3000m超の縦走路
P1400088


【タイム】
[1日目]
広河原9:51 ⇒ 15:56北岳山荘

[2日目]
北岳山荘12:01 ⇒ 13:50間ノ岳14:00 ⇒ 15:21北岳山荘

[3日目]
北岳山荘5:05 ⇒ 6:28北岳6:45 ⇒ 11:55広河原

 


【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1991535

2019年8月18日 (日)

上河内岳へ久しぶりの百高山(8/18)

8/18(日)は昨日の農鳥岳下見のついでに、二百名山・百高山の上河内岳へ
登ってきました。奈良田から農鳥岳までの大門沢を通るルートより大変だった。

この日も8月のアルプスの洗礼を受けました。汗が出る出る・・・
畑薙ダムの林道ゲートまで行くと40台ほどの駐車場があり、ほぼ満車状態。

林道をしばらく歩いて、畑薙大吊橋を渡って登山道へ入る。
この橋が揺れるわ、揺れるわ・・・到着して振り返ると2人渡ってきている。
揺れるばずだわ(>_<) 途中の真ん中あたりはよく揺れる!(上下に)
それに高くて少し怖い^^;

登山道へ入ってからは、トラバース道にてヤレヤレ峠を経て再び河原へ下り、
吊橋なども通過して無人のウソッコ沢小屋へ到着する。さらにやせ細った
トラバース道を通り、横窪沢小屋へ到着した。
一旦休憩をするのでベンチに座ると、すかさずお茶を出してくれた。
こんな親切な山小屋は、他には知らない。御礼を言って先へ進む。

ここからが急登だ。傾斜はきつく、なかなか茶臼小屋が見えてこない。
頑張って上り切ると茶臼小屋が見えた。そのまま茶臼岳分岐へ進む。
時間がないので茶臼岳には寄らず、上河内岳へ向かう。
一旦下ってからきつい登りが待っている。登り切ると上河内岳直下だ。
そのまま上り切り、ようやく目的の上河内岳山頂に到着した。

P1390984

記念写真を撮ってもらい、お昼も食べてから下山開始。
ほぼ下りが続く、しかし各峠へは上り返しもあり、疲れるなぁ・・・
アップダウンは暑い日にはこたえるわ!
再び畑薙大吊橋を渡って、橋が長くて好きにはなれないわ。

P1390963

林道も長く、やっと畑薙林道ゲートまで無事戻って来ました。



【タイム】
畑薙林道ゲート5:34
畑薙大吊橋 6:08
横窪沢小屋 8:25~8:34(9)
茶臼小屋  10:31
上河内岳  12:02~12:11(9)
茶臼小屋  13:03
横窪沢小屋 13:56~14:05(9)
畑薙大吊橋 15:50
畑薙林道ゲート16:25

   登山時間 10:51(27)

【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1985798

2019年8月17日 (土)

農鳥岳の下見(8/17)

8/17(土)は近々同好会の山行(白峰三山縦走)があるので、その下見として
久しぶりのソロにて農鳥岳ピストンへ行ってきました。
奈良田登山口から大門沢を急登し、大門沢降下点まで上り詰めます。
途中に渡渉点の橋がなかったり、水量が多く渡渉に苦労します。
さらに農鳥岳まで上りの縦走路を歩きます。

8月のアルプスは暑い! 汗が止まらない・・・・。
水分補給は欠かせないので、ザックも飲料水のため重い。
同好会の山行は、日帰りピストンと異なり、1日目は大門沢小屋に泊まり、
2日目は北岳山荘に泊まる予定です。

この日も大変な暑さで汗だく状態・・・本番当日は暑くないことを祈ります。
少し暑さ対策ができていなく、大門沢降下点まで登るのにバテました。
他の登山者もバテていました。
農鳥岳まで来ると、3000m超の縦走路も見えて、西農鳥岳、間ノ岳と
山々がよく見えました。疲れも吹っ飛ぶ瞬間です。
しばらく農鳥岳山頂でお昼にしてから、ガスが出てきたので下山しました。
ちょっときつい日帰りでしたが、南アの山々の大きさを実感する山行と
なりました。

P1390934


【タイム】
奈良田登山口 5:38
大門沢小屋  7:58
大門沢降下点 11:09
農鳥岳   11:34~12:10(36)
大門沢降下点 12:38
大門沢小屋  14:02
奈良田登山口 15:55
    
   登山時間 10:17(36)

【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1984149

2019年8月12日 (月)

秘湯高天ヶ原温泉と水晶、鷲羽 (8/10-12)

※すでに1ヶ月前の記事になってしまいました。

 

8月お盆休みに、同好会の健脚の方々2人と私で、超秘湯で有名な
高天ヶ原温泉へ行ってきました。新穂高温泉から双六小屋、三俣山荘と歩き、
一挙に高天原山荘まで行きました。

皆さんは健脚でありますが、何せこの暑さ、8月のアルプスの
暑さの洗礼を受け、皆さんバテバテ状態になりました^^;

その分、高天ヶ原温泉は気持ち良かったぁ~(^^)
囲いのある露天風呂が男女1つずつと、野天風呂は現在1つしか
ありませんでした。この野天風呂に3人で入りました。

◆高天原温泉野天風呂で~す
P1390818

ランプの宿で夕飯をいただき、バタンキュー・・・・。
1つのふとんに1人。

2日目は温泉沢を登って、赤牛の稜線に出て水晶岳へ行きました。
登りはきつかった。また水晶近辺も連休につき、大渋滞していました。
そのまま、ワリモ、鷲羽岳と登って、三俣山荘にて休んだあと、またまた
三俣峠まで上り返しもきつい~、頑張って双六小屋まで到着しました。

さくさく天ぷらをいただき、ワインでまったり時間。
この日はふとん1つに2人。(結果的には1人はこなかったので、
2つのふとんに3人だった)
体もだいぶ回復してきた・・・・。

3日目はゆっくり新穂高温泉まで帰ってきました。
やっぱり、高天ヶ原温泉いいなぁ~
楽しい温泉登山でした!

◆鏡平山荘からの槍穂高
P1390783

【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1976990

 

2019年8月 6日 (火)

2日目は西穂独標、ピラミッドピークまで(8/4)

8/4(日)は、中の湯温泉から新穂高ロープウェイに乗り
2班に別れ、西穂独標とピラミッドピークまで登りました。

ピラミッドピーク組みは約6時間を5時間に縮めなければ
いけませんでした。計算上は、約0.8のスピードが必要。
今日はSLでしたので、皆さんを誘導します。

天気もよく暑い中を、皆さんしっかりと付いて来てくれました。
8月の山行は暑いので、ソロ山行のときは避けていましたが、
同好会では8月でもしっかり計画があります。

独標から先は少し危険な岩場が出てきます。岩場好きな
皆さんは楽々通過しました。
ピラミッドピーク山頂でお昼にしました。
もう1組の皆さんは、ちょうど独標の山頂でお昼しているのが
ピラミッドピークから見えました。

P1390746

時間がきましたので、下山しました。
暑くてもアルプスの山行は、テンションが上がるし楽しい!
皆さん、お疲れ様でした。
帰りには、ひらゆの森で汗を流して帰ってきました。


【タイム】
西穂高口駅 9:06
西穂山荘 10:03~10:09(6)
西穂独標 11:09~11:14(5)
ピラミッドP 11:38~11:52(14)
西穂独標  12:15
西穂山荘 13:04~13:19(15)
西穂高口駅 14:04
    
   登山時間 4:58(40)

【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1960254

2019年8月 5日 (月)

中の湯温泉から焼岳へ(8/3)

8/3(土)は、同好会の皆さんと中の湯温泉から焼岳へ
登りました。
夏のアルプスは、樹林帯を抜けると暑いです。
少しは雲があって、晴れたり曇ったりの天気でした。
遠くの山は見えませんが、周囲の山が見えて良かった。
乗鞍、笠ヶ岳をはじめ、西穂、奥穂、前穂と見えました。
いつも雪融け時期に来ていましたが、8月は暑かった。
同好会の皆さんも暑さに苦しんでいました!
お疲れ様でした。

P1390725

中の湯温泉に到着しビールが美味しかった。
露天風呂に入り、ゆっくりしました。


【タイム】
中の湯温泉 9:30
広場   11:17~11:43(26)
焼岳北峰 13:21~13:49(28)
広場   14:49~14:52(3)
中の湯温泉 16:09
    
   登山時間 6:39(57)

【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1959314

2019年7月31日 (水)

山行2日目は仙丈ヶ岳(7/27)

山の同好会の山行の2日目(7/27(土))は、長衛小屋から仙丈ヶ岳に
登りました。仙丈ヶ岳は実に11年ぶりとなります。

夕方から雨の予報が出ていましたが、曇り空の中を進んでいくと中腹より
上はガスの中。ガスの中に入ると雨粒があたり、小雨となりました。
台風の影響もあり、稜線では風の強いところがありました。

山頂で記念写真を撮って、仙丈小屋にてお昼にしました。
午後からは終始ガッスガスの中が続き、風景は全く見えません!
仙丈のカールも見えません。花がたくさん咲いていました。
嬉しいことに、今シーズン初のクロユリが見れました(^^)

Line_47722390278147

 ガスで風景は見えませんでしたが、南アルプスの女王である大きな
仙丈ヶ岳は、大きな山々が特徴である南アルプスの雰囲気漂う山でした。
急登箇所はないので、ゆったりとした山登りができました。
皆さま、お疲れさまでした。


【タイム】
長衛小屋 5:50
仙丈ヶ岳 9:36~9:45(9)
仙丈小屋 10:03~10:25(22)
長衛小屋 13:13
    
   登山時間 7:22(31)

【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1948843

2019年7月30日 (火)

山行1日目はアサヨ峰へ(7/26)

7/26(金)~28(日)は、山の同好会の山行がありました。天気が

悪いことから、仙流荘からバスで北沢峠へいき、長衛小屋に泊まりました。
1日目は、急登ではじまって栗沢山を経由するアサヨ峰に登りました。
昨年ソロでも登った山でした。

いきなりの急登で、少し体がなまっている感じでしたが、今までの練習の
成果もあって、バテずに戻って来れました。
夜は皆で自炊して「スキヤキ」にて、美味しいお酒をいただきました。
皆さま、お疲れさまでした。

P1390614


【タイム】
長衛小屋 9:39
栗沢山  11:43~11:56(13)
アサヨ峰 12:58~13:04(6)
栗沢山  14:22~14:33(11)
長衛小屋 16:15
    
   登山時間 6:36(30)

【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1947921

«両神山へトレーニング(新落合橋・八丁峠より)(7/21)