フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

2019年10月20日 (日)

間に合った剱岳(早月尾根) (10/20)

先週天候不順のために断念した剱岳へ、行って来ました。
自宅から馬場島まで休憩を入れて5時間ほどかかる。
朝からピリッとしない天気と、少し寝不足もあって、モッタリした
スタートとなった。天気の回復が遅れているためか、まだ薄暗い。

早月小屋までガスの中、小雨模様にてザックカバーをつけた。
天気の回復が心配になるが、早月小屋あたりで上層の雲が上がり、
周りの山々が姿を現した。大日岳、北方稜線、そして剱岳山頂も見えた。
早月小屋は既に締まっており、ベンチで少しおにぎりを食べたあと、
モッタリ感のある体を奮い立たす! 少し高山病にも似た破棄の無い体・・。

ここから山頂までの登山道が勝負のときだ、きつくなってくる。
速い登山者に道を譲る。体をだましだまし、どうにかこうにか山頂に到着。
別山尾根からの登山者もいて、まだ山小屋がやっているのだろうか。
いつもなら、既に小屋締めしている時期だ。

P1400800

山頂からは、雲海の上に山々の山頂部分が顔を出している。
後ろ立山の白馬連峰、遠くに富士山、立山の面々、その奥に北ア南部の
槍穂高連峰などなど! 槍の尖がりも確認できた。
いつも期待を裏切らない剱岳山頂なのだ(^^)

P1400760

お昼をとって僅かな一時であったが、満足のいく今シーズンのアルプスを
締めくくる山行となりました。名残惜しいですが下山開始です。
山頂でしっかり食事をとって休憩したので、モッタリ感は解消され
下降スピードが戻ってきた。上りで苦労した木の根っ子もスイスイ・・・。
早月小屋からの低層でまたガスが出てきて、小雨模様となった。

調子よく馬場島に到着したが、僅かに馬場島荘の入浴時間に間に合わず!
着替えたのち、麓のアルプスの湯へ向かい、ゆっくり汗を流しました。
今日は剱岳山頂から、満足のいく抜群の眺望を見ることが出来て、
来年までの充電を完了することができました。さよなら、アルプス!
10/22には初冠雪があり、ぎりぎり間に合いました。
このあと今年2回目になる尾瀬の玄関口、片品へ向かいました。


【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=2073072

【タイム】
剱岳馬場島 5:49
早月小屋  8:47~8:54(7)
剱岳山頂  11:09~11:29(20)
早月小屋  13:00~13:04(4)
剱岳馬場島 15:02

  登山時間 9:13(31)

2019年10月14日 (月)

今年2度目のジャン(天狗沢より日帰り)(10/13)

北アルプスも冬を迎える時期になり、今年最後のアルプス山行として
日帰りWを計画しましたが、残念ながら1日は半日雨天予報のため断念し、
10/13に1つだけ登れました。(○岳沢からジャンと、×早月尾根の剱岳)

ジャンダルムへは今年2回目。前回はアカンダナから上高地入りし、Sさん
との山行でしたが、今回は朝に深山荘無料Pに駐車し、新穂高ロープウェイ
から高山行きバスに乗車し、平湯BTで乗換えて上高地までバスにて回り込み、
ソロでの登山となります。スタート時間は多少遅くなりますが、帰りは幾ら
遅くなってもいいので、時間拘束がなく気が楽です。

早速、上高地BTから穂高・岳沢登山口へ向かう。予報どおり、雨はほぼ
上がっていました。岳沢小屋まで2組くらいの登山がいました。
しかし天狗沢へは私だけで、静かな山登りができました。
寂しいもので、西穂~奥穂間の縦走も前後見渡しても誰もいません。
結局、この日の縦走路とジャンは独り占めだったかも・・・(^^)

P1400641

ようやく、奥穂まで来ると2組の登山者に会いました。(前穂か山荘からの人)

縦走路の核心部である、天狗のコル⇒ジャン、ロバ耳、馬の背はゆっくりと
堪能できました。
雲は低層で湧いていましたが、山頂の高層域へは上がってこなく、雲海と共に
山々の上だけが綺麗に見えていました。富士山や南ア、白馬、立山、八ヶ岳、
乗鞍、御嶽、白山、黒部山域、そして北ア南部の笠ヶ岳~槍~常念~奥穂の
山々・・・すばらしい眺望を楽しむことができました(^^)

P1400661

奥穂から穂高岳山荘へ降りてくる途中で、槍穂高の山々もクッキリ!
そして驚いたことに、下に見える涸沢カールの紅葉がピークのようでした。
涸沢ヒュッテ付近が紅く見えていました。そして下山開始です。

穂高岳山荘裏からの白出沢への下山道は、いつも苦労します。いつもマークを
途中で見失います。今回もしっかり探しましたが見失う場面も。登山道の
大きな石は、全て浮石なので不安定な石へ乗ると動きます。何回も危ない目に
遭います。何とか無事に、車をデポした深山荘無料Pに戻って来れました。

今年のアルプス、最後の締め括りができました。(最後ではないかも。)
出発時点(10/12)で全国で大変な台風の被害がでているとは想像できません
でしたが、被害に遭われた方々へお見舞い申し上げます。

 


【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=2061203


【登山時間】
深山荘無料P⇒新穂高ロープウェイ6:11⇒6:55平湯温泉7:00⇒7:25上高地BT
上高地BT   7:25
穂高・岳沢登山口 7:39
岳沢小屋   8:57~9:00(3)
天狗のコル  10:38
ジャンダルム 11:57~12:05(8)
奥穂高岳山頂 12:57~12:59(2)

穂高岳山荘  13:16~13:36(20)

深山荘無料P  17:03

  登山時間 9:38(34+)

2019年10月 5日 (土)

木曽駒ヶ岳、宝剣岳(桂小場登山口) (10/5-6)

10/5(土)~6(日)は、同好会の山行で桂小場登山口からのクラシックルートにて
西駒山荘に1泊し、木曽駒ヶ岳、宝剣岳へ行ってきました。
距離は長いが、ロープウェイの渋滞もなく、静かな山登りが楽しめるコースである。

また西駒山荘から木曽駒ヶ岳山頂へは、南アルプスと北アルプス、御嶽山、乗鞍岳を
両側に望みながらの稜線歩きが楽しめる。しかし残念ながら今回は、北アルプスは
雲に隠れ、南アルプスは1日目~2日目朝まで少し見えていた。富士山は見えました(^^)

紅葉には少し遅いかなと思っていましたが、まだ終わっていませんでした。
千畳敷カールの草紅葉も、濃ヶ池付近の紅葉もまぁまぁの見頃でした。
昨年は2週間前が見頃でしたが、今年は暖かくちょうど見れました。
但し、稜線の紅葉は枯れた状態が多く、いち早く冬の訪れを感じた。
西駒山荘では、既に初氷の訪れもあったとか。

1日目は、桂小場から西駒山荘まで登り泊まるだけ。早く着いたので、トイレの
やり方のレクチャーを受けたのち、裏山に当たる将棊頭山(百高山)へ登った。
八ヶ岳や南アルプスの甲斐駒、鋸岳などがはっきり見えていた。その他の山々は
雲に隠れていた。少し肌寒いのでしばらくして帰ってきたあと、夕食まで時間が
早いので、隣りの石室にて軽く宴会が始まった。そして夕飯は定番のカレーライス。

2日目は朝食5:30を負えたのち6時すぎに出発した。稜線両側の景色を楽しみながら
遭難記念碑のところを通って、木曽駒山頂へ向かう。馬の背の岩場を過ぎると
木曽駒山頂と宝剣岳が見えてきて、たくさんの登山者も見えてくる。
こちらから見ると、真ん中の中岳はあれが木曽駒って思うほどの風貌をしている。
そして広~い木曽駒山頂に到着し、皆で記念写真を撮りました。

Oi000324

このあと2班に別れ、宝剣岳の岩場好き組みと、行かない組みで出発した。
宝剣岳は山頂近くで混雑しており、約10名ずつの入れ替えにて山頂に立つ。
宝剣岳組みは、宝剣岳山頂の尖がりに登れる人だけ登って写真を撮ったのち、
待ち合わせ場所の宝剣山荘に下りてお昼にしました。


昼食の後、濃ヶ池へ向かった。濃ヶ池の紅葉はまだ終わっていなく素晴らしかった。
この時点で団体同士のすれ違いに時間を要したため1時間程度時間が押していた。
西駒山荘にデポしていた荷物を詰め直したあと、桂小場に向かって下山を開始。
下りであるので1時間の遅れは取り戻し、予定通りの時刻に下山できました。
桂小場辺りは日の入りが早く、すぐに暗くなるので明るいうちに帰れて良かった。

このあと、こぶしの湯に寄ってから駒ヶ岳SAのスマートICから入り、夕食を
とったあと帰路につきました。
紅葉も見れて、周囲の山々の雰囲気も感じてもらえた山行であったかと思います。
私は桂小場からの木曽駒は3年連続であったが、雨にもやられず皆さんも満足の
いく山行だったのではと思います。皆さん、長いコースをお疲れ様でした。

【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=2058798

【コース】
1日目:桂小場⇒大樽避難小屋⇒西駒山荘(泊) ※将棊頭山ピストン
2日目:西駒山荘⇒木曽駒ヶ岳⇒(宝剣岳)⇒宝剣山荘[昼食]⇒濃ヶ池⇒西駒山荘⇒
   大樽避難小屋⇒桂小場

 

2019年9月29日 (日)

平ヶ岳(中ノ岐コース登山口)の山行(9/29)

山の同好会で9/27(金)~29(日)にて、巻機山と平ヶ岳へ行ってきました。

3日目の平ヶ岳は、銀山平の宿泊などにより、中ノ岐コース登山口まで林道を
送迎してもらえる。但し、急登及び滑り易い粘土と根っ子が多い登山道である。
またバスの迎え時刻を設定されるので、山頂での時間的な余裕はあまりない。
昔、鷹ノ巣コースで登ったことがあるが、時間的に半分の時間で登れる。

まずは山頂を目指し登頂し記念写真を撮ったあと、しばらく昼食を取った。
このあと、ほとんどの人は姫池へ向かい、また玉子石によってから下山し、
登山口近くの光苔にも寄って帰ってきました。
私は付き添いの関係から、姫池と光苔はパスをした。

P1400509

 

平ヶ岳山頂からは、周囲の山々がよく見えました。残念なことに一部を除き山々を
同定することはできませんでしたが、富士山のシルエットが見えていました(^^)
下山時間近くに少し雨にやられましたが、すぐに止んで良かった。

中ノ岐コースを初めて通ったが、短くても疲れるコースでした。
参加の皆さん、お疲れ様でした!


【コース】
[1日目]
やまの宿、やまごに宿泊

[2日目]
桜坂P⇒六合目展望台⇒九合目前巻機(ニセ巻機山)⇒御機屋(1930m)⇒最高地点付近⇒
牛ヶ岳(1962m)⇒御機屋⇒九合目前巻機⇒六合目展望台⇒桜坂P

銀山平、奥只見山荘宿泊

[3日目]
銀山平⇔登山口は送迎付
中ノ岐コース登山口⇒玉子石分岐⇒平ヶ岳山頂⇒(姫池)⇒玉子石⇒(光苔)⇒登山口

 


【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=2047120

2019年9月28日 (土)

巻機山(桜坂登山口)の山行(9/28)

山の同好会で9/27(金)~29(日)にて、巻機山と平ヶ岳へ行ってきました。
1日目は新潟への移動日。2日目が巻機山、3日目が平ヶ岳に登りました。

2日目の巻機山は薄暗い時間に桜坂Pに到着し、少しヘッデンを点けて出発しました。
九合目にある前巻機(ニセ巻機山)を経て、避難小屋で少し休憩したあと、山頂へ向かった。

御機屋(1930m)が巻機山の山頂標(1967m)となっており、皆で記念写真を撮りました。
1967mは少し先の最高点の標高であり、広い場所としてここにしているのであろう。

山頂標で写真を撮ったあと、最高地点付近(最高点:本峰へは登頂不可とのこと)を通過し、
巻機山の最高峰である牛ヶ岳(1962m)まで行って来ました。
本来代表峰として、この最高峰牛ヶ岳(三角点1962m)が百名山ではないかと思う。
牛ヶ岳あたりは、新潟と群馬の県境にあたる。

巻機山の山頂標(1967m)があることで、迷うことなく登れるので良いことだと思う。
稜線は草紅葉が始まっており綺麗だった。
昔に登ったときは、避難小屋あたりはまだまだ積雪があり、池塘には水芭蕉が咲いて
いたことを覚えている。

P1400473

この日の山頂付近は風が強く肌寒く、紅葉もあって秋の訪れを感じる一日でした。
再び避難小屋に戻ってきて昼食のあと、下山しました。
参加の皆さん、お疲れ様でした!


【コース】
[1日目]
やまの宿、やまごに宿泊

[2日目]
桜坂P⇒六合目展望台⇒九合目前巻機(ニセ巻機山)⇒御機屋(1930m)⇒最高地点付近⇒
牛ヶ岳(1962m)⇒御機屋⇒九合目前巻機⇒六合目展望台⇒桜坂P

銀山平、奥只見山荘宿泊

[3日目]
銀山平⇔登山口は送迎付
中ノ岐コース登山口⇒玉子石分岐⇒平ヶ岳山頂⇒(姫池)⇒玉子石⇒(光苔)⇒登山口

 


【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=2046356

2019年9月18日 (水)

涸沢~穂高連峰の山行(9/16-18)

山の同好会7名で9/16(祝・月)~18(水)にて、涸沢~穂高連峰へ行ってきました。
上高地から涸沢ヒュッテに1泊し、ザイテンにて奥穂に登頂後、縦走路にて北穂高岳
にて小屋に2泊目として、3日目の予定では屏風の耳へ寄る予定でしたが、雨のため
取り止め横尾から上高地へ戻ってきました。


【1日目】
涸沢の紅葉時期には少し早かったが、涸沢岳の下から草紅葉が見られました。
テラスでの生ビールは美味しかった。おでんは既に売り切れていました。
2時間ほど、ガスっている涸沢カールをテラスで楽しみました。
涸沢ヒュッテの夕飯も美味しかった。

【2日目】
朝はほぼピーカン状態で迎えられ、涸沢カールからの穂高連峰がよく見えて、
またモルゲンロートもしっかり見ることができて良かった。

P1400375

ザイテンから奥穂高岳へ登って、涸沢岳~北穂高岳の縦走路も堪能してもらったようです。
涸沢槍の探索も行い、正体を知ってもらいました。
同好会の計画としては、時計回わりは涸沢岳からの下り及び、涸沢槍からの下りの鎖場は
なかなかの手ごわい岩場だったかなと反省。

奥穂高岳へ登頂時には、北アルプス南部のオールスターの山々が見られました。
笠ケ岳、黒部五郎、双六、薬師、少し鷲羽と水晶、槍ケ岳、北穂高、常念、前穂高、
そしてジャンダルム、ロバの耳・・・・
皆さん行きたそうな、ジャンダルムの天使が立っているのも確認できました。

P1400399
P1400411 

北穂高小屋に到着から夕飯までの間、テラスで小宴会・・・。
テラスからの槍ケ岳は残念ながら見ることができませんでしたが、少しの時間でしたが
ガスが切れたときに、長谷川ピークなどの南岳までの大キレットを見ることができました。
そして、北穂高小屋定番の生姜焼きの夕飯も美味しかった。

【3日目】
午前中は雨模様のため、パノラマコースは断念し横尾から帰ってきました。


屏風の耳へ行けずに残念でしたが、岩好きの皆さん、涸沢岳~北穂高岳の縦走で
十分堪能していただけたかなと思います。お疲れ様でした!


【コース】
[1日目]
上高地BT・・・明神・・・徳沢・・・横尾・・・本谷橋・・・Sガレ・・・涸沢 涸沢ヒュッテ(泊)

[2日目]
涸沢・・・ザイテングラート取付・・・穂高岳山荘・・・奥穂高岳・・・穂高岳山荘・・・
涸沢岳・・・涸沢のコル・・・北穂高岳  北穂高小屋(泊)

[3日目](パノラマコースは断念)
北穂高岳・・・涸沢・・・Sガレ・・・本谷橋・・・横尾・・・徳沢・・・明神・・・上高地BT

 


【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=2030433

 

2019年9月 8日 (日)

鳥倉から百高山を目指して・・・(9/7-8)

9/7(土)~8(日)は、百高山踏破を目指して歩いてきました!
昔に三伏峠~悪沢間、塩見~間ノ岳間の登山道は通っていましたが、
残念なことに写真やログがありませんでした。

百名山や百高山は自己満足の世界であり、自分が行ったと思えば
それでよいのですが、「写真の撮影」のこだわりがあって、再度
行ってきました。2日間で50Kmとバカのようによく歩いたものだ^^;

天気は上々、良すぎて暑さで困ったぁ・・・2日間とも。
その反面、南アルプスのオールスターの眺望は抜群でした!
北アの槍穂高に、富士山もよく見えた(^^)

1日目の新蛇抜山、安倍荒倉岳はリサーチ不足のため、なかなか
出てこないため、踏み跡が多いところで少し、さ迷ってしました。
みんな探して、さ迷っているのだなぁって思いました。
後で思えば、有難いことに標識を付けてくれていました。

残暑厳しい長丁場の歩きは、水不足に注意しながら重い荷物を
背負って、ペース配分に気を遣います。

百高山としては、北荒川岳、新蛇抜山、安倍荒倉岳、烏帽子岳、
小河内岳の5座を荒稼ぎしました(^^)
お陰で、足が悲鳴を上げました。足の裏がイタイタ・・・

P1400217

P1400246

P1400291

【タイム】
【1日目】
鳥倉林道第2P 6:14
鳥倉登山口 6:54
三伏峠  8:43
本谷山  9:31
塩見小屋 10:42
塩見岳  11:42~12:01(19)
北荒川岳 13:18~13:28(10)
新蛇抜山 14:36~14:40(4)
安倍荒倉岳 15:36~15:40(4)
熊ノ平小屋 16:03

 登山時間 9:49(37)

【2日目】
熊ノ平小屋 3:46
北荒川岳  6:12
塩見岳 7:54~8:21(27)
塩見小屋  8:58
本谷山   10:15
三伏峠分岐 11:01
烏帽子岳 11:38~11:55(17)
小河内岳 12:57~13:05(8)
三伏峠   14:31
鳥倉登山口 16:00
鳥倉林道第2P 16:41

 登山時間 12:55(52)

【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=2012124

2019年9月 2日 (月)

唐松~五竜縦走の山行(9/1-2)

山の同好会で9/1(日)~2(月・祝)にて、唐松~五竜縦走へ行ってきました。
白馬岳からの3日行程でしたが、雨天予報のため2日に短縮しての実施です。

行程は、1日目はゴンドラ・リフトにて八方池山荘⇒八方尾根にて唐松岳登頂し
唐松山荘(泊)、2日目は唐松山荘⇒五竜山荘と縦走し荷物をデポして五竜岳へ
ピストンしたのち、遠見尾根にて下山しました。
唐松山荘⇒五竜山荘の縦走は、少し岩場もあって慎重に通過しました。

五竜岳登頂後、雨にやられました。荷物をデポしている五竜山荘から下山途中まで
雨は降り続き、長い遠見尾根とあってちょっと試練の下山となりました。

参加の皆さん、お疲れ様でした!

◆唐松岳
P1400134_20190914092701

◆五竜岳への稜線

P1400163

◆今年初めての雷鳥
P1400171 


【タイム】
[1日目]
八方池山荘10:19 ⇒ 13:44唐松山荘14:14 ⇒ 14:55唐松岳他 ⇒ 15:30唐松山荘

[2日目]
唐松山荘5:32 ⇒ 8:03五竜山荘8:20 ⇒ 9:31五竜岳9:34 ⇒ 10:24五竜山荘11:04
⇒ 13:06中遠見山 ⇒ 14:40ゴンドラ乗場


【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=2004823

 

2019年8月24日 (土)

北岳と間ノ岳の山行(8/22-24)

山の同好会で8/22(木)~24(土)にて、標高第2位と第3位の
北岳と間ノ岳へ行ってきました。
荒天のため中止も考えられましたが、何とか行ってこれました。

行程は、1日目は広河原⇒北岳山荘(連泊)、2日目は北岳山荘から
間ノ岳をピストン、3日目は北岳山荘⇒北岳⇒広河原下山。

2日目は、風雨の落ち着いた時間帯を見計らい間ノ岳へ登りました。
3日目には、北岳山頂からの素晴らしい眺望を味わうことができました。
目の前には仙丈、甲斐駒、鳳凰三山、そして富士山・・・
南アのオールスターが勢揃いしていました(^^)

参加の皆さん、お疲れ様でした!

◆間ノ岳⇒北岳山荘への3000m超の縦走路
P1400088


【タイム】
[1日目]
広河原9:51 ⇒ 15:56北岳山荘

[2日目]
北岳山荘12:01 ⇒ 13:50間ノ岳14:00 ⇒ 15:21北岳山荘

[3日目]
北岳山荘5:05 ⇒ 6:28北岳6:45 ⇒ 11:55広河原

 


【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1991535

2019年8月18日 (日)

上河内岳へ久しぶりの百高山(8/18)

8/18(日)は昨日の農鳥岳下見のついでに、二百名山・百高山の上河内岳へ
登ってきました。奈良田から農鳥岳までの大門沢を通るルートより大変だった。

この日も8月のアルプスの洗礼を受けました。汗が出る出る・・・
畑薙ダムの林道ゲートまで行くと40台ほどの駐車場があり、ほぼ満車状態。

林道をしばらく歩いて、畑薙大吊橋を渡って登山道へ入る。
この橋が揺れるわ、揺れるわ・・・到着して振り返ると2人渡ってきている。
揺れるばずだわ(>_<) 途中の真ん中あたりはよく揺れる!(上下に)
それに高くて少し怖い^^;

登山道へ入ってからは、トラバース道にてヤレヤレ峠を経て再び河原へ下り、
吊橋なども通過して無人のウソッコ沢小屋へ到着する。さらにやせ細った
トラバース道を通り、横窪沢小屋へ到着した。
一旦休憩をするのでベンチに座ると、すかさずお茶を出してくれた。
こんな親切な山小屋は、他には知らない。御礼を言って先へ進む。

ここからが急登だ。傾斜はきつく、なかなか茶臼小屋が見えてこない。
頑張って上り切ると茶臼小屋が見えた。そのまま茶臼岳分岐へ進む。
時間がないので茶臼岳には寄らず、上河内岳へ向かう。
一旦下ってからきつい登りが待っている。登り切ると上河内岳直下だ。
そのまま上り切り、ようやく目的の上河内岳山頂に到着した。

P1390984

記念写真を撮ってもらい、お昼も食べてから下山開始。
ほぼ下りが続く、しかし各峠へは上り返しもあり、疲れるなぁ・・・
アップダウンは暑い日にはこたえるわ!
再び畑薙大吊橋を渡って、橋が長くて好きにはなれないわ。

P1390963

林道も長く、やっと畑薙林道ゲートまで無事戻って来ました。



【タイム】
畑薙林道ゲート5:34
畑薙大吊橋 6:08
横窪沢小屋 8:25~8:34(9)
茶臼小屋  10:31
上河内岳  12:02~12:11(9)
茶臼小屋  13:03
横窪沢小屋 13:56~14:05(9)
畑薙大吊橋 15:50
畑薙林道ゲート16:25

   登山時間 10:51(27)

【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1985798

«農鳥岳の下見(8/17)