フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

2017年7月 9日 (日)

多度山へトレーニング(健脚コース)(7/9)

7/9(日)も、多度山へトレーニングに行ってきました。

今日も健脚コースのピストンです。
前回ほどではなかったが蒸し暑かったぁ~
今日は水分を多く取りバテないように気を付けました。

山頂からはやはり霞んでいたが、弱い風があったので
お昼を取ってしばらくのんびりして来ました。
今日も汗をたっぷりかきました。


P1280303


【タイム】
健脚コース登山口  12:21
多度山山頂     12:59~13:24(25)
健脚コース登山口  13:47 
   
   登山時間 1:26(25)

2017年7月 8日 (土)

40cmのオニカサゴをゲット(7/8)

7月8日(土)は、長男と私で中深海での釣りへ行った。
60~200mくらいまでを攻めた。

私はギジングにて、40cmのオニカサゴをゲットしました。
お刺身でおいしくいただきました(^^)

ぱっとしない釣果の一日でした。

<今日の釣果> 
レンコダイ、オニカサゴ、オオアジ、カサゴ類、コマサバ

Img_20170708_181755

2017年7月 2日 (日)

多度山へトレーニング(健脚コース)(7/2)

7/2(日)は、朝から団地の一斉清掃があり遅くなったので、
久しぶりに多度山へ行ってきました。

今日はトレーニングとして、健脚コースのピストンです。
麓ではすでに30度を超えていましたので、登山道も暑かったぁ~
蒸し暑く水分不足気味となるので、パテました。
なるべく水分を多く取るように気を付けました。

山頂からの眺望は少し霞んでいて、風がなく暑いので早々と
下山しました。

P1280287



この時期はトレーニングにしても、まだまだ体が暑さに慣れて
いないため、熱中症に気をつけなくてはいけませんね。
汗をたっぷりかきました。

【タイム】
健脚コース登山口  10:20
多度山山頂     10:59~11:07(8)
健脚コース登山口  11:28 
   
   登山時間 1:08(8)

2017年6月23日 (金)

御在所岳(本谷→地獄谷)、イブネ・クラシ、雨乞岳(6/17)

6/17(土)は、前から通ってみたかった御在所岳地獄谷コースと、
イブネ・クラシ、そして通り道の雨乞岳へ行ってきました。
中道駐車場が一杯になるといけないので、早く自宅を出てコンビニに
寄ってから5時すぎに到着し、早速準備して出発した。
駐車場は、皆さん早々と既に10台以上の車が停まっていた。
朝早くからの出発は涼しくて気持ちがいい!


まずは御在所岳の本谷を順調に進んでいく。日陰が多く涼しい。
大黒岩へ早く着いたので、眺望がよくしばらく堪能しました。


P1280198

◆鎌ヶ岳
P1280200


続いて御在所岳へ向かいます。まだ登山者はまばら・・・
御在所岳の突端である望湖台から、雨乞岳や地獄谷の経路を確認します。
この眺望も名残惜しいが、さぁ今から初となる地獄谷を下ります・・・


P1280210


地獄谷は本谷と一部似た所がありました。裏本谷ってところかな。
テープマークも多く迷うことなく、あっさりと地獄谷出合に到着しました。
なかなか面白いバリルートかなって思いました。機会あればまた通ろう~

さてこの後、コクイ谷出合へ向かいました。杉峠方向への橋がかかって
いましたが、いつもと場所が違います。これは昔の経路ですね。
川の渡渉は1回少なくて済みます。

イブネ・クラシへは小峠を通ると近いですが、昔迷った覚えもあって
杉峠からピストンすることとし、その杉峠へ向かいます。
気温も高くなって、杉峠への登りもバテ気味・・・(^^;)

◆杉峠
P1280236


しかし杉峠で休憩することなく、イブネへ向かいます。上り傾斜も少なく
なって稜線歩きとなり助かりました。

イブネは、絨毯のような小枝の植物(現在海藻のように赤色しています)の
草原を通ってクラシを往復したのち、その絨毯の上でお昼にしました。
お湯を沸かしてカップ麺、コーヒー・・・・

向かいの山々は御在所岳~国見岳、右手に雨乞岳、遠くに鎌ヶ岳だ。
少し曇り空だったので、日当たりであったが絨毯の上で寝ころび、
1時間足らずのんびりしてきました(^^) なかなかいいところだ!
天気がいい日には、暑いのがイマイチかな。日陰を探せばいいかも。

◆イブネの絨毯
P1280249


十分な休憩を取った後、杉峠へ戻ってきました。やはり暑くてバテ気味。
杉峠から雨乞岳への厳しい登りを進みました。樹林帯を抜けた辺りから
暑かったぁ~(^^;)
御存じのとおり雨乞岳も東雨乞岳も日陰はなく、滞在時間は数分にて退散。
七人山分岐まで来ると、樹林帯へ突入・・・助かったぁ~
途中の郡界尾根にて御在所へ登り直そうかとも考えたが、今日は大人しく
帰ることに・・・・雨乞岳登山口から湯の山温泉への連絡登山道を通って
中道駐車場へ帰って来ました。

P1280262



今日は初めての地獄谷コース、そしてイブネ・クラシと楽しかった~
少しバテ気味であったのは3000m級の山は涼しいが、低山はこの気温が
普通なのであろう。段々と慣れていく必要がありますね。
帰りは気持ちいい露天風呂に入りたいため、グリーンホテルの温泉に寄って
から帰宅しました。


【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1173029

【登山タイム】
中道駐車場  5:34
大黒岩(本谷) 6:51~7:18(27)
御在所岳山頂 7:37~7:43(6)
地獄谷・出合 8:17
コクイ谷出合 8:44
杉峠     9:35
イブネ・クラシお昼10:30~11:20(50)
杉峠    11:45
雨乞岳   12:09
東雨乞岳  12:19
雨乞岳登山口13:45
中道駐車場 14:24

  登山時間  8:50(83)

2017年6月21日 (水)

恒例の焼岳でうっとり~(6/11)

6/11(日)は、恒例となっている焼岳へ行ってきました。
梅雨の合間・・・この日は中部山岳~日本海側は天気がいい予報。
そのとおり、午前中はやや雲があるもののピーカンに近かった。


P1280154



いつも登る時期より少し遅いため、下堀沢雪渓には残雪はあるものの、
夏山登山道が出ており、途中の積雪をトラバースして行くが、アイゼンが
なくても山頂まで登れましたが、雪の状態によりアイゼンは必要。
自己責任において判断して下さい。

中の湯温泉道分岐のあたりの登山道はまばらに残雪あり、踏み抜き注意。
下堀沢出会いの上部の標高2200mあたりから残雪があります。

P1280115


山頂ではお湯を沸かして、カップ麺とおにぎり、ドリップコーヒーも
入れて相当な時間、のんびりと槍穂高の眺望を楽みました~(^^)
槍穂高、笠ケ岳、双六岳、遠くに乗鞍、白山が見れました。


◆穂高釣り尾根
P1280209

◆槍ヶ岳
P1280206

◆笠ケ岳
P1280211


前回も営業前であった中の湯温泉の日帰り入浴の開始時間12:00に合わせて
下山しました。下りの残雪はアイゼンを装着しました。
下山時には人気の山のため、たくさんの登山者がきていました。

槍穂高の眺望は抜群・・・新鮮な香りをたっぷり吸ってきました(^^♪
今年の登山シーズンに向けて、相当にモチベーションが上がりました!

帰りには、「中の湯温泉」(700円)に寄ってから帰ってきました。
秘湯の会「中の湯温泉」・・・気持ちよかった(^^)
露天風呂から、奥穂高~前穂高の吊り尾根が見えました~


【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1168614

【登山時間】
新中の湯温泉登山口 6:51
中の湯温泉道分岐 7:54
下堀沢      7:58
焼岳南峰分岐   8:43
焼岳北峰山頂   8:51~10:35 (1:44)
焼岳南峰分岐  10:41~10:45 (4)
下堀沢の上部  10:53~11:01 (8)
新中の湯温泉登山口 11:58

   登山時間   5:07 (1:56)

2017年6月13日 (火)

中深海で幻の魚「アラ」をゲット(^^)(6/10)

6月10日(土)は、長男と私の2人で中深海での釣りでした。
久しぶりの凪で大潮ということで、100~250mくらいを攻めた。

私はギジングにて、アカムツ(ノドグロ)1匹と、幻の魚と言われる
50cmの「アラ」をゲットしました。
アラは久しぶりの大物で、釣り上げにドラッグが相当戻されました~

1497177412656_2


自分のことながら、超高級魚の2匹にはビックリした。
お刺身と煮つけでおいしくいただきました(^^)

Img_20170610_151622


<今日の釣果> 
アカムツ(ノドグロ)、アラ、ウスメバル、カサゴ類、コマサバ、
レンコダイ

2017年6月 6日 (火)

富士登山は体調管理が重要(富士宮口)(6/4)

6/4(日)は毎年行っている富士山へ登ってきました。
夏山登山道は9合目辺りから残雪があります。
(雪渓の雪は7合目あたりからあります)
今日のヤマテンの予報は、西の風最大19mだった。
しかし西以外からの風もあり注意が必要でした。


◆富士宮登山口から山頂を見上げて
P1280039


この日は約1ヶ月のブランクと、前夜の飲み会が祟って・・・バテバテ。
この時期いつもながらトレーニング不足を痛感しました^^;

寝不足もあり高山のせいか頭がボーとしてきたので、途中9合目手前で休憩
されていた方がいたので、同じ場所で私も一旦休憩を取った。(標高3350m位)
体全体を動かしたかったため、少し時間を要するが早くアイゼンを装着して
雪渓へ入りました。何とか体調は良くなってきて、ようやく山頂に着いた。

◆富士宮頂上の鳥居
P1280057


◆浅間大社奥宮は雪がたっぷり
P1280059



休まず剣ヶ峰へ向かいました。予報通り、凄い西風がふいていました。
しかし気象観測所のドーム陰により、暴風からは免れた。


◆富士山山頂剣ヶ峰への最後の上り
P1280064


◆剣ヶ峰と火口
P1280073



眠さもあり、日本最高地点のパワーをもらい30分ボーと過ごしてきました。
このあと富士宮口頂上から下山しました。

下山は長い雪渓で降りて、シリセードの方々について行ったら、7合目近くまで
進んでしまい、登山道へ復帰しようとしたらまた雪渓(約40m横切り)が現れた。
ちょっとのことを怠ったことにより滑落したとならないよう、脱いだアイゼンを
再び装着し通過しました。
剱岳北方稜線で5mの雪渓横切りにアイゼン装着が当り前のことを思い出した。

◆富士宮頂上から見下ろしたところ
P1280085


◆9合5勺胸突山荘辺りから見上げた積雪状態
P1280090



このあと夏山登山道へ復帰し、無事登山口まで帰って来ました。
今回の富士登山は体調不良で苦労したが、登ってパワーをもらい
今後につながるモチベーションアップとなりました(^^)
富士登山は高山病など体調管理が重要で、改めて認識させられました。

帰りには昨年同様、「天母の湯」(410円/1時間まで)に寄ったあと、
「魚がし鮨」富士宮店によってから帰ってきました。
翌日は案の定、トレーニング不足による筋肉痛と相成りました。

【写真】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/include/slideshow.php?did=1160613

【登山タイム】
富士宮登山口     7:19
9合目手前(休憩・アイゼン)9:39~10:04(25)
富士宮登山道頂上   11:22
富士山剣ヶ峰     11:42~12:12 (30)
富士宮頂上(頂上富士館)12:21~12:24 (3)
7合目近く(休憩・アイゼン)13:03~13:18 (15)
富士宮登山口     14:30

     合計 7:11 休憩(73) 

中深海の船釣り(5/27)

5月27日(土)は、長男と次男と私の3人で海釣りに行きました。
中深海~浅場での釣果として、浅場で少しいい魚が釣れました。

釣れたのは、50センチのヒラメ1匹など・・・
いい魚は息子たちが釣り上げました~

<今日の釣果> 
ヒラメ、マハタ、カレイ、メバル類、レンコダイ、カサゴ類、ゴマサバ


Img_20170528_152757



刺身と煮付け、塩焼きでいただきました。

2017年5月22日 (月)

中深海の船釣り(5/20)

5月2日(土)は、長男と私の2人で中深海への海釣りに行きました。
釣果は、ほとんど釣れない日でした(-_-;)
中深海の釣りは、釣れないこともしばしば有り、覚悟の上!
釣れないと疲れますねぇ~

中深海は、200m~350mを攻めましたが、潮が悪いのか
釣れませんでした。
五ヶ所湾の沖・・・ポイントがよくわかりません。

釣れたのは、クロムツが一匹と、ユメカサゴなど・・・

<今日の釣果> 
クロムツ1匹、ユメカサゴ十数匹、ウッカリカサゴ2匹、ゴマサバ1匹 のみ(^^;)

写真はなし。

刺身と煮付け、塩焼きでいただきました。

2017年5月14日 (日)

群馬へ山登り遠征(5/2-4)

今年もGWに、群馬県へ山登り遠征に行ってきました。
群馬は魅力的な山などがいっぱい・・・


今年の行程は次のとおりでした。


5/2 ○夜中に約500km移動し、尾瀬の玄関口戸倉に到着し乗合タクシーで鳩待峠往復
    ①至仏山登山 ②尾瀬散策  (鳩待峠→至仏山→尾瀬ケ原→鳩待峠)
    ③片品村の「水芭蕉の森」見学
  ○道の駅・白沢へ移動。明日は「望郷の湯」の露天風呂から見えた赤城山へ登ることに。
  

5/3 ○朝、道の駅・白沢から大沼近くの赤城山登山口へ移動
    ④赤城山(黒桧山)登山
  ○群馬県の西部下仁田へ移動、さらに群馬県上野村へ移動
    ⑤御巣鷹山の尾根(群馬県上野村)へ慰霊登山
  ○群馬県上野村の「浜平温泉しおじの湯」によってから、道の駅みょうぎへ移動


5/4 ○朝、道の駅みょうぎに駐車したまま、妙義神社から登山開始
    ⑥妙義山(相馬岳、中之岳)登山
  ○妙義温泉「もみじの湯」によってから安中市へ移動
    ⑦碓氷第三橋梁 通称「めがね橋」を見学
  ○安中市から草津へ移動し、「草津温泉」に入ってから帰宅(5/5)


◆至仏山山頂
P1270649


◆至仏山山頂から見た尾瀬ヶ原と燧ヶ岳
P1270653


◆下の大堀川S字カーブの水芭蕉群生地と至仏山。(水芭蕉はまだ)
P1270692


◆「水芭蕉の森」の水芭蕉
P1270723


◆「水芭蕉の森」の水芭蕉群生
P1270726


◆赤城山(黒桧山)山頂からの眺望
P1270758


◆赤城山(黒桧山)登山道からの眺望。遠くに富士山
P1270766


◆昇魂の碑。御巣鷹山の尾根へ慰霊登山
P1270778


◆御巣鷹の尾根案内図
P1270788


◆妙義神社
P1270797


◆鷹返し。撮り付き点に人
P1270849


◆鷹返し先の反対側
P1270883


◆大砲岩
P1270905


◆大砲岩付近(稜線上から撮ったもの)
P5040409


◆めがね橋(碓氷第三橋梁)
P5040421


◆めがね橋(碓氷第三橋梁)
P5040431


今年も、楽しい遠征でした(^^)

«御在所岳~青岳へアカヤシオ散策(5/7)